橋本環奈&上白石萌音が深めた“絆” NHK『ふたりのディスタンス』で舞台版『千と千尋の神隠し』密着

橋本環奈&上白石萌音が深めた“絆” NHK『ふたりのディスタンス』で舞台版『千と千尋の神隠し』密着

 5月5日放送のNHK総合『ふたりのディスタンス』(後10:00)では『千と千尋の神隠し』スペシャルと題して、舞台版で主人公・千尋を演じる橋本環奈と上白石萌音に密着。よそよそしさ漂う顔合わせから、2ヶ月あまりのけいこを通じて、ふたりがどうやって距離を縮めていったのか。けいこ場に立ち入ることが許された、ただひとつのカメラが見つめた“絆”の物語を描く。



【写真】圧巻の演技…『王家の紋章』で力強い演技をみせる木下晴香



 ふたりは驚くほど対照的で、社交的な環奈に対し、人見知りな萌音。けいこ後すぐ帰る環奈に対し、余韻に浸る萌音。真逆なだけに不安もあった。一般的に、ダブルキャストは互いに意識するあまり、口を利かない関係になることもあるのだが、先に動いたのは環奈だった。「敬語からタメ口になるタイミングも自然だったし、ありがたかった」と1つ年上の萌音が明かすほどの“さりげなさで接近する。



萌音はこれが舞台初挑戦となる環奈を細やかな気遣いでフォロー。2ヶ月あまりのけいこ場の日々を経て、互いに“戦友”と呼び合う仲になっていく。しかし、その日々にもやがて終わりが…。本番の幕が上がればふたりは別々の舞台に立つため、すれ違いとなるのだ。ふたりは交換ノートを始めるが…。



■橋本環奈

初舞台という事もあり、正直いうと密着取材を意識する余裕も無かったのですが、その分この作品に臨む自然体の自分を映していただいているのではないかと思います。萌音ちゃんとの距離も気づかぬうちに近づいていったので、側から見るとどんな感じだろうと純粋に気になります。



■上白石萌音

探り探りの敬語から乱筆での交換ノートに至るまでの過程を記録していただいていました。カメラの存在を忘れるほど必死な日々の中で何度も救われた、環奈ちゃんの清々しさ。そしてゼロから舞台を創る刺激的なおけいこ場の様子。皆さまと分かち合えるのがうれしいです!
カテゴリ