『警視庁・捜査一課長』唯一無二の刑事ドラマへ ネットの声にもブレないすごみ

『警視庁・捜査一課長』唯一無二の刑事ドラマへ ネットの声にもブレないすごみ

 テレビ朝日系木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season6』(毎週木曜 後8:00)。今月14日に放送された初回拡大スペシャルは、「“タイムトラベラー”のご遺体」が見つかり、笹川刑事部長(本田博太郎)の奇妙な体験談(服装も)など、予告どおり「シリーズ史上最高に度肝を抜く」衝撃に満ちた幕開けとなった。



【画像】第2話で出てきたコロッケは第3話にコロッケがゲスト出演する伏線だった?



 『警視庁・捜査一課長』は、2012年に『土曜ワイド劇場』の一作として産声を上げて以来、今年で10周年。ヒラ刑事から這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描いてきた。時に「ふざけている」とSNSを沸かせても揺るがない、唯一無二の境地に達した感のある本作の主要キャスト――大岩純一捜査一課長役の内藤剛志、平井真琴役の斉藤由貴、奥野親道役・塙宣之(ナイツ)、小山田大介管理官役の金田明夫に行った、インタビューの後編。



――『警視庁・捜査一課長』を拝見してきて、「えぇーーっ!」と驚かされることが年々増えてきたな、と感じていたのですが、『season6』のポスタービジュアルを見て、びっくりしました。エイプリルフールネタかと思いました。



【斉藤】【塙】(ほぼ同時に)かっこいいですよね!



【金田】僕もいいポスターだなって思っていたけど。



【内藤】僕には一応、打診ありました。「猫の方が大きいですけど、いいですか?」と。



【一同】(爆笑)



【内藤】そう聞かれて、何言ってんの、いいに決まっているじゃない、と即答ですよ。俺たちが変なの?



――いや、そういう意味ではないですけど、刑事ドラマのポスターにしては斬新だな、と。



【内藤】なぜ、僕より猫の方が大きいのか。このポスターに『season6』の重要な手がかりがあるかもしれませんよ(笑)。一応そう申し上げておきます。



【斉藤】黒幕か!?という勢いですよね(笑)。



――ネット検索で「捜査一課長」と入力すると、関連ワードとして「ふざけてる」というのが出てくるんですが、まさかポスタービジュアルに猫が大きくデザインされているなんて、誰も想像してないようなことをやってくるので…。その斬新さが、長く続いているシリーズもののマンネリ化を防ぐ秘訣になってるのかな、と考えていたのですが。



【内藤】そうですね、シリーズ誕生から10周年、連ドラになってから7年目。毎年、少しずつ変化を交えてやってきていますし、斬新でありたいとは思います。だけど、毎回描いているストーリーはものすごくエモいし、ブレがないと思っています。ご覧になっている方自身のことだったり、友人だったり、上司だったり、部下だったり、夫婦だったり、あらゆる人間関係の中で、そういうこともあるよな、と共感できるような事件を一貫して描いていると思うんです。それを、飽きずに皆さんに見ていただくにはどうしたらいいか、というところでの…、僕より猫の方が大きいポスターになった。



――シリーズを続けてきたことで、定番ネタも浸透しましたよね。冒頭の大岩一課長の「何? ○○○なご遺体が見つかった!?」、平井刑事の好物「大福」の差し入れ、小山田管理官の「頭の隅っこに」や“見つけの山さん”、「ホシをあげる」の大号令、そして笹川刑事部長のコーナー(?)も。



【内藤】ほかのドラマと変わらずに気持ち優先で撮影していますが、確かに、特別なやり方をしなければいけないところもありますよね(笑)。笹川刑事部長をどう迎えるのか、というのはほかのドラマではあり得ないかもしれません。僕たちはなんとなく見つけた気がしますけどね。



【金田】10年かかりましたね。何事も一朝一夕にはなりません。あの域に達するには。



【内藤】ネットに「ふざけている」と書かれているのも知ってますが、僕がブレなければふざけたことにはならないんです。



【金田】何をもってしてふざけているか、何をもってしてリアリティーがないというのか、それを言い出したら、世の中のドラマは全部ふざけているし、リアリティーがないですよ。



【内藤】いろいろわかった上で乗っかってくれた方が楽しめると思うんですよね。僕らもそう思って楽しんで撮影しています。笹川刑事部長とのやりとりも大岩たちにとっては一つの真実なんだよね。



■叩き上げの俳優・内藤剛志の“主役道”



【斉藤】私は、びっくり箱みたいなドラマだな、と思っているんですけど。それで思い浮かぶのが、昔のアニメ『タイムボカン』。私、アニメオタクなんですが、子どもの頃、毎週楽しみにしていて。そのアニメに、「今週のハイライト!」といって毎回、ちょっと変わったメカが出てくるんですよ。最後はいつも爆発しちゃうんですけど(笑)。このドラマには、古き良きタイムボカン的な面白さを感じるんです。今週は何が出るんだろう、とワクワクしていた子ども心を思い出させてくれるというか。今週はどんな笹川劇場なんだろう、と私も楽しみなんです。



 だけど、内藤さんがブレずに真ん中にいてくださるので、私たちは安心してついていけば間違いがない。内藤さんがすごく真面目に物語と向き合って、物語の中の時間経過やゲストキャストが演じる登場人物の設定とか、細かいところまで確認して、把握して、筋が通っていないところを見つけたら指摘して、軌道修正してくださる。その姿を見て、私たちも自分の役をもっと面白くしようとしていると思います。



【金田】由貴ちゃんが言うとおり、たかしくんが幹を作ってくれるから、僕らは自由にいろいろできる。ヒラから這い上がった“叩き上げ”の主役じゃないけど、たかしくんは一介の俳優から理想の主役を目指して、それをやり遂げている人。たくさんの主役の方を見てきましたが、その中でもトップ。つまり全てを背負って、それでいて周りにはプレッシャーかけずに楽にやらせてくれる。



 たかしくん見ていると、“主役道”というのがあるんだな、やっぱり主役を目指してきた人間が主役になって、主役になった後どうしたいか、ということをしっかりビジョンとして持って、それをこの10年間やり続けている。年齢は僕より1歳下なんですが、僕はすごく尊敬しています。僕たちがどんなふうにぶつかっていっても、全部、横綱相撲で受けてくれてるんです。すごく幸せです。



【内藤】ありがとうございます。役者同士、それからスタッフとの関係性というのは、映像に映ると思うんですよね。特にこのドラマには、警察側に悪がいない。組織側の犯罪がないんです。そこがほかの刑事ドラマと違う面白さでもあると思うし、家族的な感じがするんだと思います。でも、今シーズンは最終回までわからないですけどね(笑)。由貴ちゃんはびっくり箱と言っていたけど、いろんなものを仕込んでいますので、まずは毎週木曜8時を楽しみにしてもらいたいと思います。
カテゴリ