『SSFF&ASIA 2022』ラインナップ発表 黒木瞳・前田敦子・玉城ティナらの監督作も

『SSFF&ASIA 2022』ラインナップ発表 黒木瞳・前田敦子・玉城ティナらの監督作も

 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2022』(SSFF&ASIA)が、6月7日から6月20日に都内複数会場、およびオンライン会場で開催される。同映画祭のラインナップが28日、発表された。



『物語』『SSFF&ASIA 2022』黒木瞳・玉城ティナ・前田敦子の監督作もノミネート



 6月7日のオープニングセレモニーを皮切りに、6月20日のアワードセレモニーまでの期間を東京の複数会場で開催。これに先駆け、きょう28日からはオンライン会場もスタートする。今年のテーマ「Meta Cinema~超える・見つける・始まる」 を体現すべく、オンライン会場オープニング作品の一つには、日本では初となるAI脚本家によるショートフィルム『少年、なにかが発芽する』が登場。同じく本日から、VR空間『「DOOR(TM)」シアター supported by NTT』でのバーチャル映画館もスタートした。



 本日オープンした映画祭特設サイトでは、世界126の国と地域から集まった5720点の中から選びぬかれた約200作品がノミネート作品として発表。アカデミー賞につながる「オフィシャルコンペティション supported by Sony」のジャパン部門には、黒木瞳、前田敦子、玉城ティナなど俳優でありながら監督にも挑戦したショートフィルム作品が見事ノミネートされている。



 また、今年の映画祭の特別上映作品として、コリン・ファースがコロナ禍のエンタメ業界復興をテーマに制作参加した『閉塞』、アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門受賞の『バスケの女王』、韓国の新鋭女性監督パク・チワンによる『ハイスクールガールズ』、『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキーがプロデュースする、ロボトミーを描くアニメーション『ヴァンダル』など日本初公開となる秀作が勢ぞろい。



 さらに、ベルリン、アカデミー賞と世界の映画祭を賑わす濱口竜介監督に続くべく「今注目の日本人監督」13名によるショートフィルム特集も本日よりオンライン会場にて世界に向けて一斉配信。一部の賞は映画祭に向けて事前発表および6月7日のオープニングセレモニーで発表されるほか、「オフィシャルコンペティションsupported by Sony」優秀賞および「ジョージ・ルーカスアワード(グランプリ)」は6月20日のアワードセレモニーで発表される。



 映画祭アンバサダーを務めるLiLiCoは「ショートショートフィルムフェスティバル&アジアの時期はいつもより“ハッピー”を感じます。毎日萌えてます! それは新しい才能を持ったクリエイターと長編映画とは一味違ったストレートなメッセージに出逢えるからです。コロナ禍で映像制作にハマった方も多く、一年を通していろんな声が聞こえて来ます。毎年驚くほど斬新な作品もあって、そして普段は味わえない地域の文化にも触れ合えることが最高の贅沢。堅苦しく勉強するよりも数分の間に世界を知ることが出来ます。それが短編の大きな魅力。さぁ、今年もショートフィルムの旅に出ましょう」と呼びかけている。



■オフィシャルサイト: https://www.shortshorts.org/2022



●主な部門、特別上映作品などラインナップ



【インターナショナル部門 特別上映】

・『閉塞』(Chiusi Fuori)監督:Giorgio Testi 

イタリア/8:40/ドラマ/2021 (オンライン/リアル)



【アジア インターナショナル部門 特別上映】

・『ハイスクールガールズ』(High School Girls)監督:パク・チワン

韓国/15:46/ドラマ/2008 (オンライン/リアル)

・『カラスたちの夜』(All the Crows in the World)監督:Yi Tang

香港/14:00/ドラマ/2021 (オンライン/リアル)



【ジャパン部門 特別上映】

・『犬島犬子』(INUJIMA INUKO)監督:大門 嵩 ・ 祁答院 雄貴

日本/21:53/ドラマ/2022 (リアル)



【アニメーション部門 特別上映】(配信:6月4日~)

・『ヴァンダル』(The Vandal)監督:Eddie Alcazar

アメリカ/15:38/アニメーション/2021 (オンライン/リアル)

・『FRANK THE PIG』監督:今福洋志

日本/9:06/アニメーション/2021 (オンライン/リアル)



【ノンフィクション部門 特別上映】(配信:6月4日~)

・『バスケの女王』(The Queen of Basketball)監督:Ben Proudfoot

アメリカ/22:03/ノンフィクション/2021 (オンライン/リアル)

・『隠された歌声』(Hidden)監督:Jafar Panahi

フランス イラン/18:20/ノンフィクション/2021 (オンライン/リアル)



【Cinematic Tokyo部門上映作品(ピックアップ)】(配信:5月19日~)

・『Tokyo Rain』監督:Michel Wild

スイス/12:07/ファンタジー/2021 (オンライン/リアル)



【U-25プロジェクト (ピックアップ)】(配信:5月26日~)

・『ペイドマン』(Boy pays for the fight)監督:岡太生

日本/05:00/コメディ/2021 (オンライン/リアル)



【スマートフォン映画作品部門 supported by Sony’s Xperia (ピックアップ)】(配信:6月4日~)

・『空のない街』(A city without sky)監督:Zain Issa

シリア/5:38/ノンフィクション/2021 (オンライン)



【Shibuya Diversityプログラム (ピックアップ)】(配信:5月19日~)

・『ラッキーフィッシュ』(Lucky Fish)監督:Emily Jampel

アメリカ/8:24/ロマンス/2021 (オンライン/リアル)



【Ladies for Cinema Project (ピックアップ)】(配信:5月26日~)

・『ベール』(Veils)監督:なかやまえりか

日本/18:02/ドラマ/2021 (オンライン/リアル)



【戦争と生きる力プログラム supported by 赤十字 (ピックアップ)】(配信:6月4日~)

・『ステレオタイプ』(Stereotype)監督:Nahyun Beak, Dahyun Beak

アメリカ 韓国/11:00/アニメーション/2021 (オンライン)



【地球を救え!環境大臣賞・J-WAVEアワード 候補作品】

・『ペントハウス』(Vegard Dahle & Line Klungseth Johansen/ノルウェー)

・『迷惑なクマ』(Jack Weisman & Gabriela Osio Vanden/カナダ)

・『未来への贈り物』(Shamir Raiapov/キルギスタン)

・『雨乞い』(Adam Finney/オーストラリア)





●その他の主なイベント・プログラム



【「今注目の日本人監督」13名によるショートフィルム特集】

4月28日(木)~オンライン先行スタート

参加監督:奥山大史/落合賢/齋藤俊道/Yuki Saito/中江和仁/中村真夕/針生悠伺/平林勇/藤井道人/真壁幸紀/松居大悟/HIKARI/籔下雷太 (五十音順)



【国境なき医師団×SSFF&ASIA オンライントークイベント】

5月25日(水)20:00~



【ONLINE クリエイターズセミナー『ニューロサイエンス×AI×ショートフィルムの未来』】

6月18日(土)20:00~
カテゴリ