青柳翔・玉城ティナ・千葉雄大・永山瑛太・前田敦子「アクターズ・ショート・フィルム2」全作品がノミネート

青柳翔・玉城ティナ・千葉雄大・永山瑛太・前田敦子「アクターズ・ショート・フィルム2」全作品がノミネート

 WOWOW開局30周年を記念して行ったプロジェクトの第2弾「アクターズ・ショート・フィルム2」から生まれた青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子(※五十音順) が監督した5作品がそろって、6月7日に開幕する「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022(SSFF & ASIA 2022)」ジャパン部門にノミネートされた。5人の監督から喜びのコメントも到着した。



【動画】『アクターズ・ショート・フィルム2』ティザー映像



 「アクターズ・ショート・フィルム」は、予算・撮影日数など同条件で5人の俳優たちが25分以内のショートフィルムを制作。世界から6000本超のショートフィルムが集まる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のグランプリ、ジョージ・ルーカス アワードを目指すというもの。



 視聴者や映画評論家の投票と、「SSFF & ASIA」による選考の結果、青柳監督作『いくえにも。』、玉城監督作『物語』、千葉監督作『あんた』、永山監督作『ありがとう』、前田監督作『理解される体力』の5作品がジャパン部門にノミネートされ、第一関門はクリアしたことになる。



 この先、ジャパン部門の優秀賞を獲得すると、翌年の米国アカデミー賞短編実写映画部門へのノミネート候補となることができる。ジャパン部門優秀賞およびグランプリ:ジョージ・ルーカスアワードは6月20日に行われる映画祭アワードセレモニーにて発表される。



■青柳翔監督コメント



 「アクターズ・ショート・フィルム2」で『いくえにも。』を監督させていただきました。 僕が監督なんて正直おこがましいのですが、豪華なキャスト、最高のスタッフさんに囲まれながら作品作りに関わらせていただいた事に感謝しております。改めて感謝を申し上げます。「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022」にノミネートされたことを聞き驚いております。さらに、5作品ともにノミネートと聞いた時も「どういうことだ!?」と正直、驚きました。 たくさんの人たちに協力してもらい出来た作品なので評価していただき、ノミネートされてうれしく思います。 映画祭でたくさんの方に観てもらう機会をいただいたことに感謝しております。



■玉城ティナ監督コメント



 純粋にとってもうれしいです。今回の企画は、五作品、全然毛色の異なるものが集まっています。それもあって、他の四人の監督と同じように見ていただけるチャンスが多いとうれしいなと思っていたので、五人分の作品をまるごと楽しんでもらいたいです。自分の作品に意見がついてくるのも最初は心配でしたが、放送、劇場公開を通して監督として得られたものをとても大きく感じています。一人でも多くの方の目に止まることを願っています。



■千葉雄大監督コメント



 愛を持って作った作品が、ご覧いただいたみなさんに何かしらでも届いたということだと思うので、すごくうれしく存じます。もっと広い世界に『あんた』がどう映るのかたのしみです。また、「アクターズ・ショート・フィルム 2」の全作品ノミネート! どの彩りも素敵だったということがなんだかとってもしあわせです。



■永山瑛太監督コメント



 初めての監督作品としてノミネートされたこと、とても光栄に感じています。WOWOWでの放送、映画館でも上映されて、周囲からいろいろな感想を聞けた時に、普段は俳優部として作品に携わる時とは違う、喜びや興奮を味わえました。これから、海外の方々に観ていただく機会もあると思います。どんな反応があるのか、全く見当がつきませんが、私の人生においてとても貴重な経験だと噛み締めたいと思います。改めて、映画の面白さ、1人では創り上げることのできない周りの方々への感謝を忘れずに前を向いて映画制作に取り組んでいきたいと思います。



■前田敦子監督コメント



 今回「アクターズ・ショート・フィルム 2」の全作品がノミネートしていただいたと聞いてすごくうれしいです。完成した作品は監督達の熱量、多種多様で素敵すぎて、感動しかありませんでした。作品を作るというはじめての経験では本当に心に沢山の栄養をいただきました。またみていただける機会をいただけた事が何よりうれしいです。
カテゴリ