清水エスパルスのイベントに、駿河湾の地下海水で育った「三保サーモン」が登場!

清水エスパルスのイベントに、駿河湾の地下海水で育った「三保サーモン」が登場!


「地下海水陸上養殖サーモンバリューチェーン改善促進協議会」は、静岡県を代表するサッカーチーム「清水エスパルス」のホームゲームイベント『S-PULSE DEEP SEA BLUE MONTH』にて、「三保サーモン」のプロモーションを実施する。

駿河湾を様々な視点で紹介するイベント



「S-PULSE DEEP SEA BLUE」とは、エスパルスオレンジを際立たせる深いブルーであり、エスパルスのホームタウンの静岡・清水の豊かな海を連想させるオリジナルカラー。2ndユニフォームにも採用されている。

今回、4月月間を『S-PULSE DEEP SEA BLUE MONTH』として、4月に開催されるホームゲームの3試合でイベントを実施。

4月29日(金)は、10:30から「IAIスタジアム日本平」のスタジアム第2駐車場に、日本で一番深い駿河湾を様々な視点で紹介するブースが登場し、「三保サーモンと駿河湾地下海水の紹介」「三保サーモンを使用したグルメ販売」が行われる。

静岡市地域ブランド「しずまえ認証」を取得



「三保サーモン」は、静岡市が確立する地域ブランドの「しずまえ認証」を取得したトラウトサーモンで、地域の飲食店やふるさと納税の返礼品として親しまれている。

「しずまえ」とは、静岡市の海沿いの地域のことを言い、ここで獲れる美味しい魚介類を「しずまえ鮮魚」と呼ぶ。静岡市では「しずまえ」を地域ブランドとして確立させ、食文化の情報発信、地域の活性化に取り組んでいる。

駿河湾の地下海水で育ったトラウトサーモン



「三保サーモン」は、ミネラル分に富んだ駿河湾の地下海水で育ち、サーモン独特のクセや臭みがなく食べやすいのが特徴。寄生虫などの心配もなく、冷凍しなくても食べられる安全性や高い鮮度が持ち味の商品だ。

静岡市の豊かな海を様々な視点から親しみ学べるイベント『S-PULSE DEEP SEA BLUE MONTH』に、三保の海の恵みに育まれた「三保サーモン」は適役。この機会に、駿河湾地下海水について知り、そこで育った「三保サーモン」を味わってみては。

清水エスパルスHP:https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/49143
三保サーモンHP:https://miho-salmon.com/

■IAIスタジアム日本平
住所:静岡県静岡市清水区村松3880-1
カテゴリ