霜降りせいや、『ファンタビ』と有名ジャンプ作品との共通点熱弁「NARUTOみたいな映画」

霜降りせいや、『ファンタビ』と有名ジャンプ作品との共通点熱弁「NARUTOみたいな映画」

 お笑いコンビ・霜降り明星のせいや、おかずクラブ(オカリナ、ゆいP)が28日、都内で行われた大ヒット公開中の映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』GWはみんなで魔法体験イベントに登場した。



【動画】ウィンガーディアム・レビオーサ!せいやvsオカリナで魔法合戦!



 『ファンタビ』の大ファンであるせいやが、昨年10月に、魔法ワールドが好きだからこそ、ここにツッコミを入れるという内容の動画をYouTubeに投稿。その際「魔法ワールドの仕事お待ちしております!」と呼びかけていたことが今回のイベントのきっかけとなった。



 同作の見どころを聞かれたせいやは「個人的にダンブルドアがトップレベルに好き。若いっていうのはもちろんなんですけど、あんなバンバン魔法を使うの初めて見ました!」とファン目線で熱く語り始める。



 そしてダンブルドアの使う魔法について触れたせいやは「”姿あらわし”と”姿くらまし”の応酬がすごかった。まるで『NARUTO』で4代目火影とかが使う時空間忍術みたい」と有名ジャンプ作品との共通点について話し、「アニメみたいな映画でした」と大興奮していた。



 本作は、4月23日・24日の週末の2日間で観客動員21万5992人、興行収入3億3218万9490円を記録し、4月8日の公開から累計興行収入が27.7億円、累計観客動員数185万を突破(累計観客動員数185万596人、興収27億7109万800円)。本年度の洋画作品として最大級のヒットとなっている。



(C)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Wizarding World TM Publishing Rights (C)J.K.R.

カテゴリ