山下智久“クソホスト”ぶりの一端がうかがえる『TOKYO VICE』特別映像

山下智久“クソホスト”ぶりの一端がうかがえる『TOKYO VICE』特別映像

 WOWOWとHBO Maxの日米共同制作による全編オール日本ロケで描く、日米スター共演の超大作ドラマ・シリーズ『TOKYO VICE』(毎週日曜 後10:00)。今月24日より、WOWOWでの独占放送が始まり、第2話(5月1日)の放映を前に、今月6日に行われた来日記者会見の模様と、新たな本編映像を含む特別映像 ”集結編“ が解禁された。



【動画】『TOKYO VICE』特別映像”集結編“



 記者会見には、アンセル・エルゴート、渡辺謙、菊地凛子、伊藤英明、笠松将、山下智久ら主要キャストが顔をそろえ、アンセルは冒頭より流暢な日本語を披露。渡辺は「1本の映画では描き切れないストーリー(深く描かれた人物像)が、本ドラマの全8話にある」と、出演だけでなく、エグゼクティブプロデューサーとしての自信もにじませる。



 新たに解禁された特別映像の中で注目すべきシーンは、若きヤクザのリーダー・佐藤を演じた笠松と、謎めいたカリスマホスト・アキラ役を演じる山下の想像を掻き立てられる女性との抱擁シーン。



 笠松は、マイケル・マン監督との出会い、そして本作の出演により「自分の人生や、価値観が大きく変わった」と、ヤクザでありながらも、人としての弱さと強さを持った大事な役への意気込みを語っていた。



 山下は、「ひとつのスパイスになれるようなエネルギーを注入した」と、自ら演じる役を「クソホスト役」と語った真意を探りたくなる。本作で女性をどうやって魅了していくのか、ホストクラブでの妖艶なシャンパンを飲む姿や、女性との口論、キスシーンなど、今後の登場に期待が高まる。



 同ドラマは、WOWOWで5月1日に第2話放送終了後、WOWOWオンデマンドにて第2話~第6話が一斉配信となる(全8話)。

カテゴリ