『ナンバMG5』本広克行監督が明かす撮影裏話 YouTube対談企画で森川葵&富田望生と大盛り上がり

『ナンバMG5』本広克行監督が明かす撮影裏話 YouTube対談企画で森川葵&富田望生と大盛り上がり

 俳優・間宮祥太朗が主演を務めるフジテレビ系“水10”ドラマ『ナンバMG5』(毎週水曜 後10:00)で、本作の演出を務める本広克行監督と、出演する森川葵と富田望生の3人による対談が、YouTube企画にて実現した。28日午後8時に公開された動画では、ここでしか聞けない貴重な撮影エピソードや裏話、さらにそれぞれの素顔に迫る質問コーナーも実施している。後編は5月5日午後8時に公開予定。



【画像】笑顔が眩しい!全身でハートポーズをつくる間宮祥太朗&満島真之介



 原作は小沢としお氏の『ナンバMG5』&『ナンバデッドエンド』(秋田書店)。今までのヤンキードラマとは違い、筋金入りのヤンキー一家「難破(なんば)家」の次男・難破剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという<高校“逆”デビュー>物語となっている。森川は、剛が入学した真面目な白百合高校の同級生で、同じ美術部に所属している藤田深雪、富田は深雪の中学校からの友人で、同じく剛の同級生・守田巻を演じている。



 今回3人の対談が実現したのは、YouTubeチャンネル『STAR CULTURE』の「エンタメティーチイン」企画。俳優、アーティスト、監督、文化人、タレントなどが、自身が関わっている映画、ドラマ、舞台、音楽などを完全リモートスタイルで語り合う。お互いの作品を知り、応援し合い、新人から大先輩まで幅広い組み合わせで交流することで、ここでしか見られない貴重なコンテンツとなっている。



 本広監督と森川と富田のトークは、まずじゃんけんからスタート。勝った人が進行役を務めなくてはいけない、ということだが、いきなり富田が勝利する。富田が「本広監督と葵ちゃんは、過去にご一緒したことは?」と質問すると、森川が、仕事ではないが意外なところで一度あいさつをしたことがあると明かす。『ナンバMG5』の撮影で、富田が「葵ちゃんの演じる深雪ちゃんと、本広監督が求めている深雪ちゃんがマッチして、かわいいと思いました!」と語ると、本広監督は「あのサイコパスな目がいいですよね」と笑みを浮かべる。



 しかし、森川は「いつも大変なんですからね~(笑)」と、監督からの難しい指示を楽しく振り返る。森川は、富田が演じる守田が、剛にあいさつをしたシーンが忘れられないようで。本広監督は「誰が見ても絶対にウケる」と思って演出したと明かす。さらに、撮影の裏側でどうしても笑いがこらえきれないときがある、など、動画では、本広監督のおちゃめなキャラクターが垣間見られる。



 本広監督は、満島真之介演じる剛の兄・猛が庭に出る扉を開けるシーンを振り返り、実は、ある人気俳優の雰囲気をイメージしてほしい、と満島に指示をしたと語る。森川と富田は「えーー!」と驚きを隠せず、「それ、伝わっていないかもしれません(笑)」と盛り上がり、3人で爆笑する一幕も。



 また、3人が「自分以外の誰か、何かになって自由に過ごせるとしたら?」の質問に答えるコーナーでは、富田が「絶対になれないもの」を回答し、2人を驚かせる。本広監督のおちゃめな答えに森川と富田がツッコみまくり、3人のトークは終始なごやかな雰囲気で繰り広げられる。



 後編は、富田が鼻血を出してカメラに向かってくる剛の妄想シーンの裏話や、神尾楓珠演じる、剛のバディ的な存在・伍代直樹がケンカの現場で高いところから飛び降りるシーンの「実は…」な撮影エピソードなどで盛り上がる。



■『STAR CULTURE』チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCQ5PnAmoTKDYiFnop_K3Dgw
カテゴリ