「A.P.C.」から限定カラーのTシャツが登場。それぞれの都市でしか手に入らないなんて、絶対ゲットしたい


ファッションブランド「A.P.C.(アーペーセー)」の定番アイテム・ロゴTシャツに、店舗限定カラーがお目見え。



東京をはじめとした全11都市の店舗でしか手に入らないTシャツは、4月29日(金)より販売が始まります。



夏に向けてTシャツを新調したいという方、「A.P.C.」ファンの方は必見ですよ。



「A.P.C.」のロゴTシャツがかわいい








A.P.C.」のロゴTシャツといえば、ブランドロゴが胸元に施されたアイテムがやはり定番ですよね。



無地のボディや柄物のボディにロゴを組み合わせたシンプルなデザインは、他のアイテムとも相性抜群。



男女問わず人気のあるTシャツなんですよ。



都市によって違うカラーデザイン



「A.P.C.」ブティック限定カラー ロゴT-SHIRTS



このたび登場した「ブティック限定カラー ロゴT-SHIRTS」(各 税込1万4300円)は、全11都市での限定販売。



それぞれの都市によってボディと刺繡のカラーが違う、とってもかわいいレアアイテムなんです。



生地はしっかり厚手タイプなので、かっちりめのコーデにもカジュアルなコーデにも合わせやすそう。



A.P.C.の代官山店限定Tシャツ



カラーは全8種類のラインナップです。



例えば代官山店限定で登場するのは、白ボディ×白刺繍のごくごくシンプルなカラーリング。さらに黒ボディ×黒刺繍バージョンも販売されます。



A.P.C.の青山店、原宿店限定Tシャツ



同じ東京都内でも、青山店と原宿店には違ったタイプがお目見え。こちらは、白ボディにシルバー刺繍が施されています。



A.P.C.名古屋店、名古屋タカシマヤ店限定Tシャツ



名古屋店と名古屋タカシマヤ店では、ベージュボディに白刺繍を合わせた、ナチュラルなテイストの1枚を販売。



A.P.C.の京都店、京都伊勢丹店、神戸店限定Tシャツ



京都店と京都伊勢丹店、そして神戸店限定のカラーリングは、カーキボディ×カーキ刺繍という、“和”な組み合わせ。



このほかにも大阪と、仙台・札幌・金沢、福岡・広島・大分の店舗にて、限定カラーが展開されますよ。ボディが同じカラーでも刺繍の色が違っているので、これはなんだか集めたくなっちゃいそう…。 



店舗限定のレア感がうれしい








今回ご紹介した「A.P.C.」の Tシャツは、オンライン販売はしていない、非常にレアなアイテムなんです。



実は、各都市の店舗スタッフさんがリクエストしたカラーになっているのだとか。



そんな遊び心が詰まった「ブティック限定カラー ロゴT-SHIRTS」をゲットして、おしゃれをいっぱい楽しんじゃいましょう。



ゴールデンウィークに対象地域へのお出かけの予定がある方は、十分な感染症対策のうえ、店舗を覗いてみてはいかがでしょうか。



A.P.C. 公式ホームページ

https://www.apcjp.com/jpn/



カテゴリ