窪田正孝&本田翼&広瀬アリスが語る バラバラだからこそ強い『ラジエーションハウス』の絆「未完成を補い共鳴」

窪田正孝&本田翼&広瀬アリスが語る バラバラだからこそ強い『ラジエーションハウス』の絆「未完成を補い共鳴」

 俳優・窪田正孝(33)が主演する『劇場版ラジエーションハウス』(以下『ラジハ』 29日公開)。2019年4月期、21年10月期に放送された“月9ドラマ”を経て、ついに『ラジハ』が映画化。ORICON NEWSでは、天才放射線技師・五十嵐唯織役の窪田、唯織の長年の想い人であり放射線科医・甘春杏役の本田翼(29)、唯織に恋心を抱く放射線技師・広瀬裕乃役の広瀬アリス(27)の3人にインタビューを敢行した。つねに笑いの絶えない現場の模様とともに、『ラジハ』シリーズ、そして映画版ならではの魅力について語ってもらった。



【写真】肩を組み合う『ラジハメンバー』&クールなソロショット



 今作は『グランドジャンプ』(集英社)にて2015年から連載中の人気漫画を実写化。病の原因を探り、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師、さらには、画像を読影(※レントゲンやCT、MRI、超音波、心電図などの検査によって得られた検査画像から診療上の所見を得ること)し、病気を診断する放射線科医たちの活躍を描く。



 映画では冒頭、杏のワシントン医大への留学まで72時間と迫り、落ち込む唯織。そんななか、杏の父・正一が危とくとの連絡を受けた杏はひとり、父が小さな診療所を開く離島へわたることに。一方、甘春総合病院にはある交通事故の患者が運びこまれ、そして裕乃にも別の試練が訪れる。それぞれの岐路に立たされたチーム『ラジハ』の面々が選んだ未来とは。



■“仲良しすぎる”キャスト陣、グループチャットでも大盛りあがり「気づくと3桁通知が…」



――お三方とも撮影中から会話が止まらず、すごく仲良しな雰囲気を感じます。



本田「ほかの現場ってそんなに仲良くないですかね!?(笑)」

広瀬「でもほかの現場で『ラジハ』のスタッフさんに会うと『(広瀬が)静かですね』って言われる(笑)」

窪田「静かなアリスも知ってるけど、たしかにほかの現場では静かかも(笑)」



――この現場だけは違うんですか?



広瀬「ここくらいですよ、ねじ飛ばしてるの」

本田「テンションが全く違う」

広瀬「そう、もう素しか出せません」

本田「逆にすごく、ほかの現場だと『はい、はいっ(かしこまった感じ)』だけどこの現場はラフな感じになっちゃう」

窪田「だから、逆に今日みたいにおめかししてると違和感あるよね。3人で写真を撮るのは照れくさい」

広瀬「普段はTシャツにジャージとか…」

本田「だいたいスクラブ(医療用白衣)だもんね」



――お三方で会われるのは久々ですか。



窪田「だいたい2ヶ月ぶりくらいですね」



――シリーズごとに期間があいても、すぐにいつもの雰囲気になったりするものなんですね。



広瀬「一瞬だよね(笑)」

窪田「止まってた『ラジハ』のグループチャットがすごい勢いで流れ始めたもんね。絵文字とか気付いたら何十件…」

広瀬「気づくと3けた通知が」

窪田「写真の送り合いの量がすごくてうるさいくらい(笑)。それだけで携帯の充電がなくなりそう」



――どなたが送られることが多いんですか



本田「やっぱり八嶋(智人)さんじゃない?」

窪田「いや、あなたもよ(笑)」

本田「私は写真を撮ることが多いかも? アリスもめっちゃ変な動画送ってくるじゃん!めちゃくちゃ変なフィルターにかかってるやつとか」

窪田「浅野(和之)さんが子どもの顔になっているやつね」

広瀬「大先輩を赤ちゃんみたいな加工にして送りまくるっていうのはよくやってました(笑)」

本田「ほかの現場では、やらないよね(笑)」

窪田「相当シリーズやってないと、あの仲の良さはでない…」

広瀬「もうシーズン5くらいやっている感覚。ほかのスタジオで撮っている違う作品の現場からはラジハの現場は『動物園』って言われてました(笑)」



――そういう面では現場でもオン・オフの切り替えは難しいですか?



本田「ギリギリまでしゃべってるよね」

広瀬「本番ヨーイ、で『大丈夫ですか…』(深刻なセリフモード)で(笑)」

本田「それで笑っちゃう。なんでそんなにすぐ戻るの!?って。難しいセリフのときはみんなから距離を置いてます」

窪田「ワンカットで、みんなで映るシーンが『ラジハ』はチームを表しているから多いんですけど、本番前にしゃべってない人は、大体長セリフがある。あとの人は責任がないから(笑)」

広瀬「やさしいなと思うのは、そういう人を無理に入れない。『入っておいで~』っていう空気感だから」

窪田「たまにセリフ一言の人が、間違えると『あ~、やったな!』って(笑)」



■窪田正孝の“座長”ぶりに信頼「さすが主演!」「うちのストッパー」



――今作では前半はそれぞれの場所で奮闘し、後半は杏のいる離島で起きた未知の感染症に『ラジエーションハウス』の面々が挑みます。映画の脚本を読んだときの印象はいかがでしたか。



窪田「『ラジエーションハウス』から外に出ることへのワクワクはすごかった。(監督)鈴木(雅之)さんの作品では“あるある”なのですが、いろんな物事が同時進行で起こって観る人を飽きさせない構成にしていたのかな」



――ドラマと映画の撮影が入り組んでいたとのことですが、映画の脚本を読んで、演じるキャラの成長を感じたところはありますか。



窪田「アリスが一番大きかったんじゃない?」

広瀬「一番わかりやすく、大きく成長したんじゃないかな。最初は新人からスタートだったので、シーズン1では『これはなんですか?』って言いまくって。シーズン2では少しずつ患者さんと向き合えるようになってからの、苦難もあって。映画では子どもの検査を担当したり、やっとチームに溶け込んでスタートラインに立てた。専門用語もちょこちょこ入ってきましたよ」



――お二方(窪田・本田)はなにかキャラに変化を感じた箇所はありましたか。



本田「唯織くんは、シーズン1から本当に変わらない」

窪田「唯織は軸として変わってはいけないので、逆にみんなの変化を一番見せてもらった気がします。彼は基盤が子どもの頃の杏ちゃんとの約束のみで動いているから、原動力はそこしかない。彼の専門的な知識やスペックはあがっていくけど、人間としての成長は追いついていない部分はあった。それが、この3人や辻村(駿太郎)も含めて4人の関係性もありながら、裕乃の成長に引っ張られて唯織は変わっていき、ひとつの壁を超えられた。それはクライマックスに描かれています。なので裕乃の成長に、みんなが引っ張られている感じがします」



――本田さんは、前半は離島で一人、奮闘する様子が描かれています。



本田「杏は離島で尊敬する父親との別れや1人きりで患者さんに向き合うことにより改めて仲間の大切さを強く感じたりなど、この島でのたくさんの経験から自分の目指すべき方向を見極め、それを選択できるようになったと思います。」



――それぞれが関わり合うことでいろんな影響が生まれている気がします。



窪田「結果は、ひとつなんですよね。患者さんでつながっている。病気を見つけることは大前提だけど仕事が終わった勤務時間外に患者さんのために残ったり、同じことを考えて同じところにいたりするから、患者さんでつながっているんだなって」



――シリーズを通して愛される『ラジエーションハウス』。作品の魅力はどういったところだと思いますか。



広瀬「バラバラなのに、なぜかチーム力があるのは感じます」

窪田「お互い馴れ合わずにやることはやるし、いい意味で突き放すときは突き放す。みんなが完全じゃない、未完成を補って共鳴している感じがあります」

本田「映画ではとにかく立て続けにいろんなことが起きて、トラブルの連続なんですがいつのまにか全員が集結し、一丸となって立ち向かうのはラジハならではだと思います。



――映画だからこそおもしろさとしては、いかがですか。



窪田「物語を見せないといけないとなると、ドラマでは、人物の背景は1時間のなかでどうしてもおろそかになってしまう部分がある。患者さんがいてその患者さんのバックボーンをみせたら、患者さんの病気を見つけて、どう向き合っていくかに重きを置きつつも医療モノだから、事件はもちろん見せているけど、映画では裏側の人間の中身や感情を大事に映していると思います」

本田「さすがラジハの座長! 本当に頼りになる」



――やはり窪田さんに対して座長としての信頼は篤い?

広瀬「信頼しかない!」

本田「こういうときにピシッとしてくれる人」

広瀬「みんな流されやすいから、そういうときにちゃんと止めてくれる(笑)。うちのストッパーなんです」
カテゴリ