神木隆之介、玉城ティナの異様な“目力”語る「直接脳内に声を届けられる」

神木隆之介、玉城ティナの異様な“目力”語る「直接脳内に声を届けられる」

 俳優の神木隆之介、柴咲コウ、SixTONESの松村北斗、玉城ティナ、磯村勇斗、吉岡里帆、蜷川実花監督が14日、都内で行われた映画『ホリック xxxHOLiC』初日舞台あいさつに登壇。共演者の”特殊能力”についてのトークテーマでは、神木が玉城の能力について熱弁した。



【ソロショット】目力が凄い?玉城ティナ



 玉城の特殊能力を「目力」だという神木は「なんか直接の脳内に声を届けられるような人だと思うんです」と説明。続けて「試しにカメラに向かってじーっと見てください」と無茶振りする場面も。玉城もノリノリで”念”を送っていた。



 神木は「目力がすごいというか、まっすぐものを見ている人だなと芝居のときから思っていました」と玉城との共演を振り返った。



 今作は累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミックをもとに『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、初の実写映画化に挑む。人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(ワタヌキ)を神木、対価の代わりに人の願いを叶える”ミセ”の女主人を柴咲コウ、四月一日の同級生・百目鬼(ドウメキ)を松村、同じく同級生・ひまわりを玉城が演じる。
カテゴリ