久代萌美、吉本所属後初の大イベントで“嵐の洗礼”「お客さん帰っちゃうんじゃないかと…」

久代萌美、吉本所属後初の大イベントで“嵐の洗礼”「お客さん帰っちゃうんじゃないかと…」

 吉本興業所属のフリーアナウンサー・久代萌美が29日、大阪・万博記念公園で開幕した『Warai Mirai Fes 2022~Road to EXPO 2025~』のステージMCを務めた。荒天に見舞われながら、春めいた服装で、陣内智則、浅越ゴエのボケに応じるなど、終始笑顔で盛り上げた。



【全身ショット】囲み取材で笑顔を見せる久代萌美



 2025年『大阪・関西万博』に向けて、関西から笑い・音楽などをSDGsのメッセージを込めて発信する野外フェス。吉本興業らによる「チーム関西」の取り組み第1弾で、万博記念公園に多彩なステージとコンテンツが揃い、あさって5月1日まで3日間開催される。



 フジテレビを3月31日退社した久代アナは、4月から吉本興業の所属となって、今回が大規模イベント初出演。オープニングから雨に見舞われ、風も強まって一時は嵐となる中、「滝のような雨で、お客さん帰っちゃうんじゃないかと思った」と明かしながら、「大阪のお笑いに対する熱意を感じました」と満足げ。



 ネタのトリを務めたフットボールアワー・後藤輝基は「寒くて…。控室は6畳用のヒーター1台でした。吉本らしいでしょう」と胸を張った。



 イベントでは、きょう29日は「EXPO LAUGH」と題し、吉本興業の海原やすよ ともこ、博多華丸・大吉、ブラックマヨネーズ、フットボールアワーら約50組がネタを披露。あす30日は「EXPO JAM」と銘打ち、GENERATIONS from EXILE TRIBE、DOBERMAN INFINITY、OWV、OCTPATHらがパフォーマンス。最終日となる5月1日は「EXPO CARNIVAL」としてお笑いと音楽が融合し、氣志團、くるり、BiSH、ベリーグッドマンらが登場する。



 SDGsに根ざした体験型ワークショップや食ブースなども多数展開し、公園入場料のみで楽しめるスペースもある。久代アナは5月1日もステージMCを務める。
カテゴリ