世界的航空写真家・まいけるひとし氏初のNFTアート!「OpenSea」に登場

世界的航空写真家・まいけるひとし氏初のNFTアート!「OpenSea」に登場


東京と米ロサンゼルスを拠点に活動する、世界的航空写真家・まいけるひとし氏が、NFTアート世界最大のマーケットプレイス「OpenSea」にて、自身初となるNFT限定の作品「City at dusk. Aerial photograph」シリーズを、4月1日(金)よりリリースした。

多くの人々に影響を与える航空写真家



NYで写真を学び、ロサンゼルスにて多くのハイブランドの撮影に従事してきた、まいけるひとし氏。


ニースからパリに向かう早朝、機中から見たエアリアルビューの美しさに魅せられ、航空写真家としての道を歩むことを決意したそう。


同氏は、常に追随者ではなく開拓者として、真俯瞰での撮影に拘っており、ヘリコプターで被写体の5000フィート上空から真俯瞰で撮影された作品の数々は、写真界の名だたる賞を受賞。

全世界で高い評価を受け、そのスタイルは多くの人々に影響を与えている。

まいけるひとし氏の初NFT作品



今回マーケットプレイス「OpenSea」でリリースされた、NFT限定エディション「City at dusk. Aerial photograph」は、まいけるひとし氏が初のNFT作品として、ニューヨーク・ロサンゼルス・サンフランシスコ・シカゴ・東京・大阪を撮影したもの。


各1点づつの限定で、既に売却済みの作品もあるので注意を。作品の詳細は「OpenSea」の『MichaelHitoshiコレクションページ』をチェックしてみて!

MichaelHitoshiコレクションページ:https://opensea.io/collection/cityatdusk
カテゴリ