エプサイトギャラリーで開催!黒瀬ミチオ写真展『Mosir -Landscape of-』

エプサイトギャラリーで開催!黒瀬ミチオ写真展『Mosir -Landscape of-』


エプソン販売は、エプソンスクエア丸の内のエプサイトギャラリーにて、6月24日(金)~7月6日(水)まで、黒瀬ミチオ氏の写真展 『Mosir -Landscape of-』を開催する。

北海道の大地をモチーフに


同作は、エプサイトギャラリー2021年度第2期公募展応募作品から選出された作品のひとつ。

作者の黒瀬ミチオ氏は、北海道に生まれ育ち、活動を続ける写真家。自身にとって原風景と言える、北海道の大地をモチーフとして作品を制作している。

「目の前に広がる風景には、その土地が積み重ねてきた過去の長大な時間の記憶が刻まれている。だからこそ、その場に立つ人々は心を動かされる」。Landscape(ランドスケープ)をそのように解釈する作者は、アナログとデジタルを融合させた独自の手法で撮影とプリントを行い、唯一無二の風景写真を創り上げている。

その土地に流れる時間と空気を柔らかくまとったような独特な描写で、新しい風景写真を予感させる作品となっている。

作者コメントも到着


作者は同展について、「北海道に住む少数民族「Ainu」は、自分たちの土地のことを「Mosir」と呼びます。彼らの「土地、大地」を意味する「Mosir」は、過去からの積み重なり、現在そして未来へと繋がって行く空間を表しているようです。これは私が理解する「Landscape」の意味と重なります。この作品は、「Ainu」の人々の「Mosir」が持つ概念に触発され再発見した私の「Landscape」を表現したものです」とコメントしている。

『Mosir -Landscape of-』で、黒瀬ミチオ氏の作り上げる北海道の風景を鑑賞してみては。

■『Mosir -Landscape of-』開催概要
開催場所:エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル1F
会期:6月24日(金)~7月6日(水)
時間:11:00~17:00
休館:日曜日
注:状況により会期・開催時間を変更する場合あり。会期についての最新情報は展覧会のホームページで確認を。
URL:https://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/gallery/exhibitions/2022/0624/
カテゴリ