リーボックが、NYの現代アーティスト“タイレル・ウィンストン”と初コラボレーション

リーボックが、NYの現代アーティスト“タイレル・ウィンストン”と初コラボレーション


アスレチックライフスタイルブランドのリーボックが、現代アーティストTyrrell Winston(タイレル・ウィンストン)氏との待望の初コラボレーション作品「“Tyrrell Winston x Reebok” Question Mid & Club C(タイレル・ウィンストン リーボック クエスチョン ミッド アンド クラブ シー)」を、5月13日(金)に発売する。

タイレル・ウィンストン氏と初コラボ!



「“Tyrrell Winston x Reebok” Question Mid & Club C」は、“膨らんだバスケットボール”や“壊れたネット”などを使った作品で知られるタイレル・ウィンストン氏のバスケットボールへの愛情をデザインに落とし込んだコレクション。


ベースとなるモデルには、リーボックの代表的なバスケットボールシューズである「Question Mid」と、リーボックの“裏定番シューズ”「Club C」の2つを採用した。

それぞれヒールタブにポニーヘアのパーツ、「Club C」はシュータンとインソール、「Question Mid」はインソール、タイレル・ウィンストン氏がニューヨークヤンキースからインスパイアされたロゴ、“New York Yankees Doodle(ヌードル)”をさりげなくあしらっている。

ショートフィルムコンテンツも公開


また、今回のコラボレーションを記念して、ウィンストン氏とクリエイティブディレクターのドリュー・ヴィラーニ氏が制作した、ショートフィルムコンテンツ「The Journey」を公開。

この作品は、“伝統的な旅”と“現代的な旅”の異なる世界観を探求する2つのストーリーで構成されている。

作中、「Question MID」は、多くの社会構造の鍵を握っているとされる“馬”の牧場で撮影され、一方「CLUB C」は、ウィンストン氏が夢を追い求めながら日常的に利用していたスタテン島フェリーにて、“鉄馬”に乗っているシーンで撮影を実施。

『周囲を気にせず、ただ前だけを向いて走り続ける競走馬』からインスパイアされたストーリーとなっている。

商品の詳細


「QUESTION MID」のカラーは、white・core black・ftwr whiteの3色展開で、自店販売価格は¥20,000(税込)。

「CLUB C 85」のカラーは、white・hunter green・classic white grey・stuccoの4色展開で、自店販売価格は¥15,000(税込)となる。

販売は、リーボック オンラインショップ、ZOZO、atmos、BILLY’S ENT、mita sneakers、UNDEFEATEDにて。なお、リーボックストア 渋谷では「QUESTION MID」のみの展開となる。

リーボック オンラインショップ:https://reebok.jp
ZOZO:https://zozo.jp/shop/reebok/
atmos:https://www.atmos-tokyo.com/
BILLY’S ENT:https://www.billys-tokyo.net/
mita sneakers:https://www.mita-sneakers.co.jp/
UNDEFEATED:https://undefeated.jp/
カテゴリ