草なぎ剛、子役と“二人一役” 映画『サバカン SABAKAN』“子供時代”を思い出す本予告

草なぎ剛、子役と“二人一役” 映画『サバカン SABAKAN』“子供時代”を思い出す本予告

 子役の番家一路(ばんか・いちろ)を主演に、同じく子役の原田琥之佑(はらだ・こうのすけ)、尾野真千子、竹原ピストル、貫地谷しほり、岩松了、そして、草なぎ剛 が出演する映画『サバカン SABAKAN』(8月19日公開)の本ビジュアルと本予告編が“こどもの日”に解禁となった。



【動画】映画『サバカン SABAKAN』本予告



 本ビジュアルは、本編に登場する「子供時代の友達との思い出」である「サバの味噌煮の缶詰」がモチーフとなっている。上の缶詰では「1980年代の子供時代(番家)」を、下の缶詰では「大人になった今」の主人公・久田(草なぎ)が子供時代を懐かしむかのように見上げる構図となっている。



 1980年代の缶詰では、久田(番家)と友達の竹本(原田)が自転車に乗り、母ちゃん(尾野)は小言を言いながら追いかけ、父ちゃん(竹原)はノリで追いかけている。キャラクターたちの表情に個性とユーモアがあふれ、「缶詰から想い出が飛び出してくる“あの頃”に誘われるような」楽しさが漂うビジュアルとなっている。そして「ここは80年代。子供が主役です」というキャッチコピーが添えられており、いったいどんな青春映画なのか、とても気になる本ビジュアルが完成した。



 予告編に流れる主題歌「キズナ」は、ORANGE RANGEの曲を、ANCHORが編曲、さらに、りりあ。が涙腺を刺激するピュアな歌声でカバー。音楽は、大島ミチルが手がけ、物語を奥深いものにしている。空と海に囲まれた長崎の美しいロケーションときらめく夏の光が、観る者を懐かしく包み込む。

カテゴリ