ユ・ヨンソク×オルガ・キュリレンコ共演、韓仏映画『バニシング:未解決事件』本編映像

ユ・ヨンソク×オルガ・キュリレンコ共演、韓仏映画『バニシング:未解決事件』本編映像

 Netflixオリジナルシリーズ『賢い医師生活』や映画『ニューイヤー・ブルース』『スティール・レイン』など話題作への出演が続く、韓国で最も旬な俳優ユ・ヨンソクと、『007/慰めの報酬』、『オブリビオン』ほか、世界で活躍するオルガ・キュリレンコが共演する韓仏合同作品『バニシング:未解決事件』が5月13日より全国公開される。



【動画】映画『バニシング:未解決事件』本編映像



 ユ・ヨンソクは3ヶ国語を操るソウル警察のエリート刑事パク・ジノを、オルガ・キュリレンコは法医学界に目覚ましい貢献をもたらす教授として来韓したが、ある過去に向き合うことになる法医学者アリス・ロネを演じる。ソウル警察の刑事とフランス出身の法医学者が、ソウルを揺るがす前代未聞の事件、その背後にうごめく巨大な陰謀に挑む、片時も目が離せない息を呑むアクション・サスペンスだ。



 監督は『譜めくりの女』でセザール賞出品歴のあるドゥニ・デルクール。ナ・ホンジン監督『チェイサー』、ポン・ジュノ監督『殺人の追憶』ほか、韓国スリラー/ノワールに影響を受けたと語っている。



 フランス、韓国をはじめとした国際的な制作陣・キャストを迎えた本作は、ユン・ヨジョンにアカデミー賞助演女優賞をもたらした『ミナリ』に続くグローバルプロジェクトとしても熱い注目を集めている。



 物語は、ソウルで発生したある怪死事件から始まる。身元不明の遺体は指紋が奪われ、体中傷だらけの状態で発見された。ソウル警察の刑事ジノは事件解決の手がかりを探るにあたり、シンポジウムのため来韓していた法医学者のアリスに協力を要請する。遺体の身元が容易に特定できず、臓器が違法な手術によって抜き取られていたことを知った2人は、背後に潜む組織を追い詰めるべく捜査に挑む。しかしそこには、想像を絶する凄惨な事件の真相が隠されていた――。



 解禁された本編映像では、本作で描かれる深い闇の一端が明らかになる。身元不明の、腐敗が進んだ遺体となった被害者。その血液型が、中国南部以外ではアジアで非常に珍しい「B型Rh-」であると判明する。数が少なければ、その価値は上がり、あらゆる手を使ってでも手にしたい者たちが現れる。



 アリスとジノの意味深な目くばせは、背後にいる何者かの関与を示唆しているかのようだ。さらには麻酔にかけられ、腕にはカテーテルの痕も存在していた。国際的な法医学者であるアリスの開発した新技術が、死体の身元特定の唯一残された鍵となる。アリスを演じるにあたり、医師としてのシーンを代役なしで演じきったというオルガ・キュリレンコの手さばきにも注目だ。

カテゴリ