ドローンを利用した樹木医の樹木診断を効率化!「樹木医リモート診断」が提供スタート

ドローンを利用した樹木医の樹木診断を効率化!「樹木医リモート診断」が提供スタート


アーバンエコリサーチは、ドローンを利用した樹木医の樹木診断を効率化する「樹木医リモート診断」サービスの提供を開始した。

ドローンで樹木医が樹木の診断


「樹木医リモート診断」とは、マルチスペクトルカメラ搭載ドローンで樹木医が樹木の診断を行う仕組みのこと。

樹木医のみならず、樹林や危険木管理が必要な官公庁や、山林所有者が利用することを想定しているという。

コスト削減や事故防止にも


「樹木医リモート診断」による効果として、広大な山林等で行う場合、樹木1本づつの現地確認が不必要となり、時間の削減になることが挙げられている。

また、樹木医が何度も現地に行く必要がなくなるので、コスト削減にもつながる。


さらに危険な地域への立ち入りが減ることで、事故防止につながり、倒木や危険木等あった場合はGNSSという衛星測位システムで正確にその位置が判る。客観的なデータに基づくため、樹木の育成状況を的確に把握する効果もあるそう。

今後の展望は、農薬散布ドローンとの連携により遠隔散布を可能とし、拡張機能によってNDVI画像以外のデータ収集と活用を図るという。また、樹木のみならず、地形データなどとの連携により、災害に対するリスクヘッジを行うための基礎データを提供していくとのこと。

ドローンを用いた樹木の新しい診断を提案する「樹木医リモート診断サービス」をチェックしてみては。
カテゴリ