近藤春菜、秘書役で月9デビュー「どうか見守ってください!」 綾瀬はるかの“代役”がきっかけ

近藤春菜、秘書役で月9デビュー「どうか見守ってください!」 綾瀬はるかの“代役”がきっかけ

 俳優・綾瀬はるかが主演し、大泉洋と共演する、フジテレビ系“月9”ドラマ『元彼の遺言状』(毎週月曜 後9:00)の第5話(9日放送)に、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜がゲスト出演することが決定した。近藤が月9ドラマに出演するのは今回が初めて。秘書役を熱演している近藤は「月9デビュー、どうか見守ってください!」と呼び掛けている。



【場面写真】「どうか見守ってください!」月9デビューを飾った近藤春菜



 原作は、宝島社主催の2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新川帆立氏による同名小説。主人公・剣持麗子(綾瀬はるか)の元彼・森川栄治が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、麗子が依頼人と共謀して一獲千金を狙う破格の遺産相続ミステリー作品。ドラマでは、弁護士の麗子が数々の難解ミステリーを解決するという異色の痛快推理劇として、原作の世界観はそのままにドラマオリジナルのエピソードも描いていく。



 第5話では、投資会社「M&Sキャピタル」の創立15周年記念パーティーで突然起きた奇妙な殺人事件をテーマに、サスペンスドラマの真骨頂ともいえる緊迫のストーリーが展開される。「M&Sキャピタル」は代表取締役・真梨邑礼二(まりむら・れいじ/藤本隆宏)と共同代表の庄司健介(しょうじ・けんすけ/高橋洋)が28歳の時に立ち上げ、二人三脚で順調に業績を伸ばしてきた。そんな優良企業の記念パーティーで投資家が何者かに殺された。その死の謎を解いた時、麗子と篠田(大泉)は恐るべき真実へたどり着く。



 この真梨邑と庄司を支える秘書役として、近藤の出演が決定。売れっ子芸人でありながらマルチな才能を遺憾なく発揮している近藤が、“女優・近藤春菜”として月9ドラマ初出演を果たす。



 近藤は以前、今作の第1、2話に森川栄治(生田斗真)の担当看護師・原口朝陽役で出演していた友人の森カンナを訪ね、撮影現場に絶品スイーツを差し入れしていた。その時ちょうど綾瀬のカメラリハーサル中だったことから、急きょ綾瀬の“代役”としてカメラの前に立つことに。近藤版“剣持麗子”の誕生に現場には温かな笑顔があふれ、すっかりドラマの現場に溶け込んでいた。そんな縁から生まれた今回の秘書役での出演。近藤は「皆さんのお力で、出演までこぎつけることができました。月9デビュー、どうか見守ってください!」と喜びのコメントを寄せている。



 麗子が秘書に接触した際、ふとした瞬間に見せた彼女の表情が、今回の事件を解く手がかりとなる。投資家の死が意味する驚がくの真実とは。



■近藤春菜コメント



――撮影に臨まれた感想

「まさか出られると思っていなかったので、楽しかったです! 綾瀬さん、大泉さんとのシーンでセリフをいただいたので、主役を食うつもりで頑張りました! そして私が出演するシーン、実は重要なので、見逃さないでいただきたいです!」



――視聴者へメッセージ

「綾瀬はるかさんの代役でカメリハをやらせていただいてから、皆さんのお力で、出演までこぎつけることができました。月9デビュー、どうか見守ってください!」
カテゴリ