『元彼の遺言状』第5話あらすじ 麗子(綾瀬はるか)のかつての上司から“ある打診”

『元彼の遺言状』第5話あらすじ 麗子(綾瀬はるか)のかつての上司から“ある打診”

 フジテレビ系“月9”『元彼の遺言状』(毎週月曜 後9:00)の第5話が、9日に放送される。



【別カット】ちょっとすねた顔もキュート!『元彼の遺言状』第5話に登場する綾瀬はるか



 原作は、宝島社主催の2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新川帆立氏による同名小説。主人公・剣持麗子(綾瀬はるか)の元彼・森川栄治が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、麗子が依頼人と共謀して一獲千金を狙う破格の遺産相続ミステリー作品。ドラマでは、弁護士の麗子が数々の難解ミステリーを解決するという異色の痛快推理劇として、原作の世界観はそのままにドラマオリジナルのエピソードも描いていく。



 ある日『暮らしの法律事務所』を訪ねてきた森川紗英(関水渚)。「ちょっと篠田借りるわよ」と、とあるパーティーのエスコート役で篠田敬太郎(大泉洋)を連れ出す。行き先は投資会社『M&Sキャピタル』の創立15周年記念パーティー。昨今業績を伸ばしている注目の投資会社で、華麗なる森川家の投資顧問でもある。大学時代に意気投合した真梨邑礼二と庄司健介が28歳で起業。小さなアパートの一室からスタートし、ここまで成長させてきた。



 一方、剣持麗子(綾瀬)のかつての上司・津々井(浅野和之)は麗子を同じパーティーへ連れて行く。『M&Sキャピタル』は一部上場を機に新たに弁護士を探しているらしく「私と一緒にこの案件をモノにしませんか」という打診だった。それぞれの目的で同じパーティーへ集まった4人。会場が暗転し、いよいよパーティーが始まる。しかし、真梨邑が壇上に立ちスピーチを始めた途端、会場から衝撃音が鳴り響く。久野文也という一人の投資家が突然死亡したのだ。久野は『M&S「キャピタル』の大口の顧客だったそうだが、暗転中に一体何が起きたのか。
カテゴリ