廃棄されていた「エアバッグの生地」で作成した上履き袋を地元小学校へ寄贈

廃棄されていた「エアバッグの生地」で作成した上履き袋を地元小学校へ寄贈


CRS埼玉は2018年から、SDGsを意識した取り組みを始めている。その取り組みの一環として、今まで廃棄されていた「エアバッグの生地」を使用した「エコバッグ」が作成された。


同社は、このノウハウを活かし「なにか地域貢献ができないか」と考え、新小学一年生向けに上履き袋を作成し、地元の小学校2校に寄贈した。

「エアバッグ」から「エコバッグ」に



CRS埼玉は、2004年に設立し、埼玉県川越市を拠点とした、自動車リサイクルを行っている企業だ。同社が行っている自動車リサイクルの再資源化率は、99%を達成していると言われている。


そのリサイクルされていない1%の中に、今回の「エアバッグ」があった。


その「エアバッグ」に着目し、これで何か新たにリサイクルできないかと同社内で話し合いが重ねられ、新たに「エコバッグ」を作ることになったという。

上履き袋を100枚ずつ寄贈



今回作成された上履き袋は、4月6日(水)にCRS埼玉の本社がある川越市の「川越市立芳野小学校」へ、


4月27日(水)には、CRS埼玉の営業所がある所沢市の「所沢市立柳瀬小学校」へ、それぞれ100枚ずつ寄贈された。



それぞれの小学校で寄贈式も行われ、そこには新1年生もかけつけてもらい、リサイクルの大切さを伝えることが出来たという。

自動車リサイクルを行う、CRS埼玉の今後の活動にも注目してみては。
カテゴリ