平手友梨奈、新木優子と並び『六本木クラス』Wヒロインに「まさか」 『梨泰院クラス』ではチョ・イソにあたる役

平手友梨奈、新木優子と並び『六本木クラス』Wヒロインに「まさか」 『梨泰院クラス』ではチョ・イソにあたる役

 俳優の平手友梨奈が、7月スタートするテレビ朝日系連続ドラマ『六本木クラス』(毎週木曜 後9:00)でヒロインの一人を演じることが10日、発表された。韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本リメイクで、人気キャラクターのチョ・イソにあたる麻宮葵役を演じる。



【画像】『梨泰院クラス』を日本に置き換えた原作漫画『六本木クラス』



 大ヒットした『梨泰院クラス』は、若者たちが金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく“下剋上”を主軸に、ラブストーリーや青春群像を鮮やかに描いた。この漫画原作を日本に置き換えて翻案した、漫画『六本木クラス』を「日韓共同プロジェクト」として日本でドラマ化する。



 麻宮は、新木優子演じる楠木優香と並び、ダブルヒロインのもう一人として、竹内涼真演じる主人公・宮部新に恋心を抱きながら、新が営む居酒屋「二代目 みやべ」を大きく成長させていくマネージャーという役柄。



 麻宮はクールで自己中な性格でありながら、IQ162の天才的頭脳を持つ人気インフルエンサーという個性際立つ難役。平手のキャスティングは、原作者のチョ・グァンジンが番組プロデューサーに「映画『響-HIBIKI-』(2018年)を見たんですが、主演の平手友梨奈さんが素晴らしかった。彼女は原作の葵にピッタリです」と推薦したという。



 偶然にも、平手とはすでに出演交渉中だったそうで、それを聞いた平手は「まさか原作者さんから直々にお言葉をいただけるとは思ってもいなかったので、正直驚きました。とてもありがたかったです」と驚きつつも喜びを語っていた。



 麻宮葵役は「見る人によってそれぞれの捉え方があるキャラクターだなとは思いますが、自分的にストーリーを通して最初に感じたのはかわいらしいどこか憎めない女の子だなという印象です。社長(=新)のためを想ってひたむきに頑張る姿や、想いが届かなくても伝えようとする姿が、カッコイイし、強いし、応援したくなるし、どこかかわいらしいなと思います」と役の印象を語りつつ、「撮影はこれからですが、実際に現場に入ってそこで生まれるものを大切にして演じていきたいなと思います」と意気込みを語った。



 そして、「リメイク作品なので、もとの作品を見ていらっしゃる方も、初めて見る方もいらっしゃると思いますが、皆さんに『次はどうなるんだろう?』というワクワク感を持っていただけるような作品が届けられたらいいなと思っています」と決意を新たにした。



 そして、『六本木クラス』チームに平手が加わったことに竹内は「平手さんがかつて欅坂46のグループで活動していた時に、『NHK紅白歌合戦』で彼女がセンターで思いっきりパフォーマンスされている姿を僕は見ていたんですが、それが今でも頭から離れなくて!  あまりの素晴らしさに思わず拍手してしまいました。『すごい子だな』って思いました」とアイドル時代から注目していたことを明かした。



 実際に会った時の印象は「とてもシャイ」だといい、「『僕から話しかけてみよう!』って思いますし、平手さんとこれからいろいろ話をするのが楽しみです」とわくわくした様子。また、「お芝居をすると何時間分もの濃密な時間を過ごした関係になる」と話し、「だから絶対にいい仲間になれると思っています」とこれから始まる撮影に期待を寄せた。
カテゴリ