24年大河『光る君へ』は“戦なし” 平安時代の「セックス&バイオレンス」描く

24年大河『光る君へ』は“戦なし” 平安時代の「セックス&バイオレンス」描く

 NHKは11日、2024年に放送予定の大河ドラマ(第63作)のタイトルが『光る君へ』であると発表した。主演は吉高由里子が務め、『源氏物語』を書き上げた紫式部/まひろを演じる。脚本は大石静氏が「戦はなし」と明かし「平安時代のセックス&バイオレンス」とキャッチーなテーマを掲げた。



【写真】どんな紫式部を演じる?鮮やかワンピ姿の吉高由里子



 主人公は、紫式部、時代は平安。千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書き上げた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は、秘めた情熱と想像力、そして一人の男性への想い。その名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語。



 構想の一部を明かした大石氏は、藤原家の“権力闘争”について「『華麗なる一族』と『ゴッドファーザー』を足して3倍にしたくらいの面白い話がある」と含みを持たせる。これには吉高も「血肉をむさぼるのかな?」と反応していた。



・過去10年の大河ドラマタイトルと主演

2012年『平清盛』松山ケンイチ

2013年『八重の桜』綾瀬はるか

2014年『軍師官兵衛』岡田准一

2015年『花燃ゆ』井上真央

2016年『真田丸』堺雅人

2017年『おんな城主直虎』柴咲コウ

2018年『西郷どん』鈴木亮平

2019年『いだてん~東京オリムピック噺~』中村勘九郎&阿部サダヲ

2020年『麒麟がくる』長谷川博己

2021年『青天を衝け』吉沢亮



・放送中の大河ドラマ

2022年『鎌倉殿の13人』小栗旬



・来年放送の大河ドラマ

2023年『どうする家康』松本潤
カテゴリ