岩田剛典、新木優子の顔面絶賛に照れ過ぎて「つらい」 ディーン・フジオカは笑顔で受け止める

岩田剛典、新木優子の顔面絶賛に照れ過ぎて「つらい」 ディーン・フジオカは笑顔で受け止める

 俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典、新木優子らが12日、都内で行われたフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』の映画版『バスカヴィル家の犬』(6月17日公開)の完成披露報告会に参加した。



【集合カット】イベントに登場したディーン・フジオカ、岩田剛典ら



 冒頭のあいさつで、小泉孝太郎は「ディーンさん、岩田さんと対峙するたびに、男ながら、なんて美しいのだろうと思った。お2人じゃなかったらベタっとしたまま終わってしまうようだった」と撮影を振り返る。新木も「本当に、このお2人の顔を映画のスクリーンで眺められるのは、皆さんうれしいだろうなと思う。私自身、2人に会った時に『本物だ!』って思ったぐらい。非の打ち所がない、お2人でした」と絶賛した。



 歯が浮くような褒め言葉に対して、ディーンは「本当にありがとうございます!」と全身で受け止めて笑わせる一方、岩田は「もうなんか、つらいです…。恥ずかしいし…」と照れまくっていた。



 本作は、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。



 完成報告会には佐々木蔵之介、広末涼子、村上虹郎、稲森いずみ、椎名桔平、西谷弘監督も参加した。
カテゴリ