堀田茜“相棒”有岡大貴は「誰にでもフランク」 『インビジブル』で感じた“飾らない”一面

堀田茜“相棒”有岡大貴は「誰にでもフランク」 『インビジブル』で感じた“飾らない”一面

 TBS系金曜ドラマ『インビジブル』(毎週金曜 後10:00)に出演中の堀田茜。捜査一課の刑事・五十嵐夏樹を演じている。



【写真】対峙する志村×キリコ…”インビジブル”の秘密が判明する



 普段目にする事故や事件には未解決事件となってしまうものも多々あるが、実はその中には警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”によって行われている犯罪がある。この物語は、そんなクリミナルズを捕らえるため、刑事・志村貴文(高橋一生)と犯罪コーディネーター・キリコ(柴咲コウ)という絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメント。



 堀田演じる夏樹は、負けん気が強く男勝りな性格で、たびたび同僚刑事・磯ヶ谷潔(有岡大貴)と対立するという役どころ。新境地となる役柄で現場に臨んでいる堀田は「女性のキャラクターも少なく、男性キャストの皆さんは男らしい方々ばかり。その環境に入るということで男社会に生きるかっこいい女性を演じたい」という思いで役作りに励んでいるという。



 続けて「特に姿勢は気をつけました」と語る堀田は「少しは役に立つといいなと思ってキックボクシングに通う回数も増やしました。自分の中の“野生の部分”が目覚めるというか、すごくアグレッシブな気持ちになれるんです(笑)」と笑顔で明かす。



 また、共演シーンの多い、捜査一課のメンバーについて話題が及ぶと「緊迫感のあるシーンは、その緊張感が薄れないようにしつつ、空き時間はみんなでオフモードになってお話をしていますね。特に(原田)泰造さん(犬飼彰吾役)はサウナの話ばかりしています(笑)」と話しながら「皆さんムードメーカーの方ばかり。桐谷(健太)さん(猿渡紳一郎役)も面白いですし、泰造さん、有岡さんもたくさんお話してくれます。初めての刑事役に緊張していたのですごく救われました」と感謝の思いを口にした。



 視聴者の間では、五十嵐と磯ヶ谷とのコンビ感も人気を集めている。改めて有岡への印象を問われると「テレビで見るキャラクターと本当に変わらないです。飾らずに誰にでもフランクに話しかけて場を盛り上げてくれて、ちょっと天然なところも垣間見えてホッコリもしています。いつも楽しく一緒のシーンを撮影させてもらっています」と笑顔をのぞかせ、撮影の充実ぶりをにじませていた。
カテゴリ