アニメ『モノノ怪』15周年企画が発表 記念祭6月開催&名場面ファン投票開始 【櫻井孝宏コメント全文】

アニメ『モノノ怪』15周年企画が発表 記念祭6月開催&名場面ファン投票開始 【櫻井孝宏コメント全文】

 2007年に放送されたテレビアニメ『モノノ怪』の15周年プロジェクトが13日、発表された。記念祭を6月18日にフジテレビ本社マルチシアターにて開催するほか、15周年を記念した名場面投票企画が本日よりスタートした。



【画像】15年前と思えない…美麗な映像美!公開された『モノノ怪』名場面カット



 記念祭は監督の中村健治、薬売り役の櫻井孝宏、プロデューサーとして山本幸治が登壇し、15周年を祝したトークや最新情報を発表。YouTube LIVEでの配信に加えて、一般観覧の抽選受付も行い、応募フォームから申し込みしたのち、厳選なる抽選のうえで当選者のみ案内が届く。応募期間は本日から20日まで、イベントは6月18日17時より行われる。



 名場面投票企画は、TVシリーズ全12話の思い出を振り返りながら、記念サイトにてお気に入りのシーンを選択のうえ投票するもの。参加者の中から抽選で30人に名シーン場面写真を使用した【15周年限定 名場面日めくり卓上カレンダー】がプレゼントされる。投票期間は本日から8月14日まで。



 『モノノ怪』は、2007年にフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送されていた作品で、「真(まこと)」「理(ことわり)」「形(かたち)」を見極め、モノノ怪を斬ることのできる退魔の剣を持つ、謎の男「薬売り」の物語。人の心とアヤカシが生み出す凄絶なる惨劇を、諸国を巡る薬売りと退魔の剣が断つ姿を描いたストーリー。



■薬売り役:櫻井孝宏コメント

――質問『モノノ怪』の思い出や印象に残っていること



 初回収録の光景を未だに覚えていて、スタジオの床に座り込みレクチャーを始めた中村監督の姿が印象に残っています。カット毎に言葉を置いてくれ、もっと関心がなく、独り言でいい等々、これまで経験してきたアニメーション収録のセオリーに当てはまらないオーダーに少々戸惑いました。そしてそれは、オンエアを観てやっと得心できたのです。あの指示はこの世界をデザインするためのものだったのだと。禍々しくも美しい奇々怪界な映像の洪水。極彩色の狂気とでも言いましょうか。強烈な映像体験でした。15周年プロジェクトの中身はなんなのでしょうか。続報をお楽しみに。



■中村健治監督コメント

――『モノノ怪』の思い出や印象に残っていること



 初監督作品ですが、この1本で監督キャリアが終わっても良いと思って作品と向き合いました。背景とセル(キャラ)はちゃんと見分けがつくようにと教えられましたが、見分けがつかなくて1枚のイラストのようにまとまっているのも逆に有りかなとか、人物が台詞を話し終えてから次の人物が話すようにするなどのパターンも現実ではみんな好きなタイミングで会話をはじめているからそうしちゃえば良いよねとか、色々な常識を疑って作っていたことを思い出します。
カテゴリ