兵馬俑型のティーバッグ「冬虫夏草・和烏龍茶」、ミュージアムショップ限定販売開始!

兵馬俑型のティーバッグ「冬虫夏草・和烏龍茶」、ミュージアムショップ限定販売開始!


京都で113年培った技術と信頼をもとに、ユニークで独自性の高い工業用薬剤を展開する化学の素材メーカー・第一工業製薬が、京都の茶専門店「7T+(セブンティープラス)」とコラボレーション!

第一工業製薬の健康食品カイコハナサナギタケ冬虫夏草を使用した『天虫花草』と和烏龍茶をブレンドしたティーバッグを、5月14日(土)より、京都市京セラ美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」のミュージアムショップにて限定発売している。

多種の栄養素が含まれるスーパーフード


今から2200年前、中国大陸に最初の統一王朝をつくり、「最初の皇帝」を意味する名前を名乗った始皇帝。その陵墓の近くに埋められ、始皇帝を守り続けたのが兵馬俑だ。

また、秦の始皇帝も求めたと言われている冬虫夏草は、一般的にアミノ酸など多種の栄養素が含まれるスーパーフードと言われ、古来より滋養強壮などで珍重されてきた。

『天虫花草』と和烏龍茶をブレンド



今回発売の「冬虫夏草・和烏龍茶」3,780円(税込)は、純国産のカイコハナサナギタケ冬虫夏草を原料とする『天虫花草』と、世界・日本各地の茶葉を集めお茶の楽しさを届ける京都の茶専門店「7T+」が選んだ鹿児島産の和烏龍茶をブレンドして作られた商品。

陶製の兵士が並んだ外箱を開けると、中には「鎧甲官吏俑」「戦服将軍俑」「鎧甲武士俑」の3体が入っており、切り取り線により綺麗に切り抜くことも可能だ。

さらに、お茶のティーバッグも兵士のイラスト入りで、そのままティーカップに入れるというユニークな商品となっている。

今後は静岡・名古屋・東京の同展にて販売予定


「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」京都展は、5月22日(日)まで開催。「冬虫夏草・和烏龍茶」はその後、静岡、名古屋、東京と巡回していく同展のミュージアムショップにて、2023年2月5日(日)まで販売予定だ。

展覧会の日程など詳しくは公式サイトにて確認を。

「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」京都展
開催場所:京都市左京区岡崎円勝寺町124 京都市京セラ美術館

公式サイト:https://heibayou2022-23.jp/

■7T+
住所:京都市下京区姉小路富小路東入塩屋町73番地1
店舗サイト:https://7teaplus.com/
カテゴリ