前田敦子、11年前の名言再び? ホリケンのフリに乗っかり「ネプリーグのことは嫌いにならないで…」

前田敦子、11年前の名言再び? ホリケンのフリに乗っかり「ネプリーグのことは嫌いにならないで…」

 16日放送のフジテレビ系バラエティー『ネプリーグSP』(後7:00)では、舞台『パンドラの鐘』チームVS芸人チームVS日本代表アスリートチームを実施。舞台『パンドラの鐘』チームは、成田凌、葵わかな、前田敦子、柄本時生、林修、芸人チームは、ネプチューンの名倉潤と原田泰造に加え、井上裕介(NON STYLE)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)、日本代表アスリートチームは、堀内健、狩野舞子、土井レミイ杏利、本並健治、松本薫が登場する。



【番組カット】芸人チームは名倉、児嶋、ノンスタ井上、ぺこぱ



 1stステージは、超常識問題をひとり1文字ずつ解答し、全員で5文字の答えを完成させる「ハイパーファイブリーグ」。舞台『パンドラの鐘』チームは、問題が出題される度に「あれ1文字足りない?」「あってるかな?」と曖昧な状態で解答していく前田に対して、キャプテン・成田が「このチームは、意外と前田さんがウイークポイントなのかな…」と心配そうに見つめる。そんな中、売上日本一の100円ショップの店名を答える問題が出題されると、前田と柄本が自信ありげに解答するが、惜しくも不正解となる。



 引っかけ問題の餌食となってしまった2人の誤答に、別室で見ていた井上が「それじゃあ、“ハイパー100円ショップ”ですよ」とツッコミ。そして、「あっちゃん、ネプリーグのことは嫌いにならないでね」とかつての前田の名セリフを引き出そうと話す堀内に対して、前田もみんなの期待に応えるようにあの11年前の名セリフに乗っけてリアクションする。



 芸人チームは、あるスペイン料理の名前を答える超簡単問題で、自信が無いと言っていた児嶋が、ある意味期待を裏切らない不正解ぶりで、チーム内から非難を受ける。続く問題でも、シュウペイが初歩的なミスを犯し、相方の松陰寺が「美容のエステ、行ってる暇あったら勉強しろ!」とツッコむ。悪い空気でスタートした芸人チームだが、果たして、この後のステージで挽回することはできるのか。



 日本代表アスリートチームは、メダリストの松本や狩野、サッカー日本代表の守護神・本並が登場。ハンドボール日本代表のキャプテンで、フォロワー数580万人越えでTikTokerとしても人気の土井が、キャプテン・堀内と共に常識力クイズに挑む。番組初登場の松本の天然ぶりもさく裂し、一同大爆笑となる。



 2ndステージは、世の中の人が考える“お題にピッタリな芸能人は?”を答える「キャスティングミュージアム」。成田と松本が2問連続で同じ解答をし、意気投合する。成田と気が合うことにうれしさを感じた松本は、思わず笑みがこぼれる。そんな松本と成田は、“もしも名画、ムンクの『叫び』の人物役をキャスティングするなら誰?”という問題で、キャスティング力を発揮し、得点を稼ぐ。



 3rdステージ「類語ミステリー」、4thステージ「パーセントバルーン」、5thステージ「ハイパーボンバー」で、三つどもえ決戦。成田は「そろそろチームワークが固まってきたので、ここでしっかりポイントをとりたい!」と意気込むも、あるテーマに沿って、世の中の%を当てる「パーセントバルーン」の問題で、成田が攻めすぎた解答をしてしまい足を引っ張る。葵や前田ら女性陣に責められる成田は、ぐうの音も出ず落ち込む。しかし、続く葵も的外れの解答でさらにピンチとなる。



 勝負所となる芸人チームは、トップバッター名倉がミスを犯すも、児嶋と井上のファインプレー連発で一同安堵(あんど)の表情を見せる。児嶋も満面の笑みでガッツポーズして大喜び。しかし、この後、予想外の展開が芸人チームを襲うことに…。井上が「(僕は)女性にお金を出させたことがないので、わからなかった…」とドヤ顔で語った悲劇の展開とは。
カテゴリ