プラントベースチーズブランド「GOOD PLANeT Foods」のスライスチーズ2種が新発売

プラントベースチーズブランド「GOOD PLANeT Foods」のスライスチーズ2種が新発売


プラントベースフードのパイオニア「アリサン」は、ココナッツオイルを主原料に100%植物性原料を使用したアメリカ発プラントベースチーズブランド「GOOD PLANeT Foods(グッドプラネットフーズ)」を5月13日(金)に発売した。

注目される“動物性原料を使わない”商品


「アリサン」は、食を通して美味しさと豊かさの“分け合い”を企業理念とし、プラントベースのミートやミルクなど、持続可能な食の未来を可能にする食材を輸入・卸・販売している日本の食品メーカー。ヴィーガン・ベジタリアン・サステナビリティな選択で人と地球が分かち合い、さらにアレルギーフリーな選択の商品を展開することで、人と人が同じ食卓と空間を分かち合うことができる食の未来を提供する。

この度、アメリカ大手のプラントベースチーズブランド「グッドプラネットフーズ」を日本で初展開。ナショナル⿇布では、4月1⽇(金)より先⾏販売中だ。

代替肉をはじめとした“代替食品”が日本でも認知度を高めるなか、肉以外にも“動物性原料を使わない”商品が幅広く展開されている。中でも、「植物ベースのチーズ」の需要が高まってきており、ヴィーガンやベジタリアン以外に、乳糖不耐症やアレルギーの人からのニーズも多い。

8つの主要アレルゲンを含まない植物性のチーズ



「グッドプラネットフーズ」は、“人と地球にとって良い存在であり、良いことをする”というミッションのもと、アメリカ・ワシントン州で2017年に創業した植物由来チーズ製品のプロフェッショナルブランド。8つの主要アレルゲンを含まない植物性のチーズは、グルテンフリー、ビーガン、コーシャ、Non-GMO Project、KETO認証(ケトジェニック・炭水化物が10%以上含まれていない)認証を受けている。

乳製品や卵はもちろん、大豆類なども使わずに、主材料に多くの土地、水、肥料を必要としないサステナブルな「ココナッツオイル」を使用し、まるでいつものチーズのようなコクと風味を表現している。

選べる2種類のフレーバー


フレーバーは2種類。使いたい料理に合わせて選ぶことができる。


「プラントベース アメリカンチーズ風 スライス」は、マイルドでクリーミーな味が特徴。サンドイッチに挟むのはもちろん、グラタンやピザのトッピングとしても楽しめる。


「プラントベース チェダーチーズ風 スライス」は、濃厚なコクとほんのりとした酸味を感じるチェダーチーズ風味。見た目もジャンクな一品にぴったりで、トーストに挟んでホットサンド、マカロニと絡めてマカロニチーズなどにするのがおすすめだ。

いずれも原産国はアメリカ合衆国で、10枚入り740円。

地球にもカラダにもうれしい「グッドプラネットフーズ」のチーズを試してみては。

GOOD PLANeT Foods HP:https://goodplanetfoods.com/
アリサン HP:http://alishan-organics.com/
カテゴリ