ダチョウ肥後&ジモン、竜兵会、たけし・さんま・松本…上島竜兵さんの人柄伝わる追悼コメントの数々

ダチョウ肥後&ジモン、竜兵会、たけし・さんま・松本…上島竜兵さんの人柄伝わる追悼コメントの数々

 ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが、11日に亡くなった(享年61)。訃報が伝えられ、芸能界でも悲しみが広がっているが、14日と15日の2日間にかけて、ダチョウ倶楽部の肥後克広・寺門ジモン、上島さんが率いていた竜兵会のメンバーである劇団ひとり、土田晃之、有吉弘行、さらにビートたけし、明石家さんま、松本人志など、多くの人から追悼が寄せられた。



【写真】上島竜兵さんとの“はっぴ”写真を投稿 感謝を語ったせいや



■肥後&寺門、思いにじんだ追悼文 劇団ひとり「笑い話にできるように腕を磨いていく」



 肥後と寺門は14日、所属事務所を通じて追悼コメントを発表。肥後は「全国のダチョウ倶楽部ファンの皆様、今回はこのようなことになってしまい、申し訳ありませんでした。仕事関係者の皆様、申し訳ありませんでした。何をやっても笑いを取る天才芸人上島が最後に誰も1ミリも笑えない、しくじりをしました。でも、それが上島の芸風です。皆で突っ込んでください。『それ違うだろ!』『ヘタクソ!』『笑えないんだよ!』と地面でも蹴ってください。上島は天国でジャンプします。皆様もジャンプして下さい。そして、上島の分、3倍笑って下さい。皆にツッコまれる、それが上島の芸風です。ダチョウ倶楽部は解散しません。二人で純烈のオーディションを受けます。ヤーッ! どんな悲しいことがあってもみんなでクルリンパ!」と笑いを交えて追悼。



 寺門も「ダチョウ倶楽部上島竜兵を愛してくれた皆様本当に申し訳ありません。こんな形でのお別れです。僕は竜ちゃんと出会って40数年。苦しい時も楽しい時もいつもそばにいてくれました!! 本当にありがとう!! 竜ちゃんがいたから僕はあります! 大好きなお酒を今も飲んでいるんじゃないかな? これからもダチョウ2人のそばで見守ってください! ずっと忘れないよ! ずっと一緒だよ!」と呼びかけた。



 同日放送のFM FUJI『劇団サンバカーニバル』(毎週土曜 後8:00)内で、ひとりは「どこから話せばいいのか…」と神妙な口調で切り出すと「このラジオでは正直になんでも話してきたので自分の都合で触れないのも気持ち悪いし、かと言ってきのう今日の出来事だから、まだ笑い話にはできない。でもいつかは、笑い話にできるように腕を磨いていくっていうのが、芸人としての一つの課題なのかなという感じがしてる」と前置きした。その上で、周囲の予想を裏切る話題に急転換し、上島さんの話題には触れず。共演陣から「いまその話を?」とツッコまれると「そうそう、ショッキングな話だったんでね。僕まだ心の整理がついてなくて…」と続けてボケてみせた。



■さんま・松本・たけしも沈痛 土田晃之「上島竜兵ってね、やさしい男がいた」



 MBSラジオ『ヤングタウン土曜日』(毎週土曜 後10:00)では、さんまが「我々、お笑いの人間にとって受け止められないことが起こった。でも受け止めてあげなきゃ、竜兵がかわいそうやしな。本当に好きな芸人、好きな後輩が、一番嫌いな死に方をしたからね。ちょっとね、腹が立っているというのが事実です」と率直な思いを吐露。15日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)では、松本が「深い付き合いではないけど、長い付き合いだった。40年近く、要所要所でうちの番組に来て盛り上げてくれて…」と振り返るも「ちょっとごめんなさい…」と言葉を詰まらせて、思いを口にした。



 テレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』(毎週日曜 正午)では、たけしが切々と思いを訴えた。「上島は40年以上前から、軍団と一緒に仕事をやって。熱湯風呂とか、ああいうのは全部我々が作ったネタだけど。出川とかダチョウとか、岡村たちが来た時に『こいつらを立てて、絶対にサポートしろ』って言って。それで有名になって、いまだにちゃんとお礼に来るけども。1個言っておいたのは、軍団にも言ってあるんだけど『芸人っていうのはよく考えたらくだらない商売だから。いくらひどい目にあっても、笑ってくたばるのを待つ。野垂れ死にが芸人の理想なんだから』って、いつも言っていたのに、本当にくやしいというか、なんか身につまされて大変だったと思うけど、くやしいな。どうでもいいよ人生なんかって思って、オレなんかは芸人になったんだけど、だめだよね、そういうことしちゃ」。



 ニッポン放送『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日曜 正午)では、土田が「皆さんもご存知のとおり、僕のボスが死んじゃいましてね。この番組でも新年一発目だったり、年内最後の放送だったりにね。毎年、上島さんと肥後さんが来てくれていまして、年に2回は出てくれてたりしたと思うんですよね」と回顧。「残念なんですけども、僕らの関係性ってすごく不思議だなと思ってて、普通の仕事の人だと、なかなかこういう関係性はないんだろうなと思ってて。特殊な仕事だということもあると思うんですけど、事務所の先輩・後輩って言われるんですけど、最初はそれだけの関係だったんですけど、今はそれだけじゃなく、僕にとって友達だし、恩人だし、親友だしね。あと兄貴だし、親なんで、本当に単純にもう家族なんですよね」と話した。



 「上島さんが亡くなって、3回会うことができた」そうで病院に行く途中で東京の夜景を見ながら涙が止まらないわけですよ。病院着いたりしても泣いたりしていたんですけど…」など、その後も上島さんと対面した時の様子や、思い出を振り返った。最後は「いろんな話がたくさんあるんですけど、それが笑ってね、話せる時がきたら、またいろんな話がしたいなと思っております」と、声をふり絞りながら「上島竜兵ってね、やさしい男がいたんでね、皆さん忘れないでいてください」と呼びかけていた。



■有吉弘行「古典落語になるくらい話す」 上島さんとの思い出を語り続ける決意



 JFN系ラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日曜 後8:00)では、有吉が静かなトーンで「元気出たり、落ち込んだりっていうのを繰り返すね。亡くなった日の夕方に、特別に顔を見せてもらえて。2人…ちょっとなんか悲しいな」と声をつまらせながらコメント。「年のはじめの上島さんが来てくれる放送が1年で一番つまらない回で、そこから面白くなっていって…。まぁーでもきょうが一番つまらないだろうな。あの人のせいだしな。みんな気を使ってくれて、亡くなった上島さんと2人きりにしてもらったけど…ちょっと放送事故になっちゃう」と振り絞った。



 続けて「お通夜の時も葬式の時も、けっこうみんな笑っちゃうようなところがあって。上島さんの葬式らしいなとかね…。最後(妻の)ひかるさんが喪主のあいさつ、気丈にやってらっしゃった時も、ひかるさんらしくて。竜さんが寅さんが好きでっていう話をしようと思っていたんだけど、いきなり『寅さん死んじゃって』って言って、最後の最後に爆笑してね。ひかるさんも最後まで笑っていて、いい葬式だなと思っていたけど…。2人きりにしてもらった時に、お礼の言葉しか出なかったね。なんかツッコんでやろうとか、バカだなと言おうかなと思ったけど、お礼しか出なかった」と話した。



 その上で「家族葬でやろうって決めたんだけど、やっぱりみんな『オレも家族だ』って、いっぱい来るんだよね。やっぱりそれは会いたいよね。あんな人だから。大変だったよ。みんなすごい泣いていたけど、みんなありがとうばっかりだった。各所でありがとうって言っていて。よくありがとうって言う人だったけど、本当にみんなからも感謝されていて、オレもありがとうしかなかったね」と回顧。



 「肥後(克広)さんが元気にずっと頑張ってやっていてさ、出川(哲朗)さんが最後顔見て泣いている時もさ『キスした方がいいんじゃないか』って(笑)。それで、出川さんが『ご時世的にまずいでしょう』って(笑)。『竜ちゃん、コロナ陰性だったから大丈夫だよ』って(笑)。肥後さん、ジモンさん、奥さんのひかるさんが一番つらいんだけど、3人がみんなに声かけてくれて、笑えるようにしてくれて、元気にやってくれていてありがたかったね」と思いを伝えた。



 さらに「形見が置いてあって、そこにオレが贈った時計を大事に飾ってあって。ひかるさんが『竜ちゃん、毎日つけて、毎日枕元に置いて、キレイにして片付けていた』って。だから、本当に…オレもよかったなって思って。そうしたら、竜さんが今年は有吉にお礼で、誕生日にお返しにグラスをね、一緒に酒を飲めるグラスを買って、久々に酒を飲もうと思っているんだけど、怒られるかなって相談していたって、聞いて。もうーほしかったな」と笑いを交えてトーク。「きょうくらいは、上島さんがよく歌っていた曲ですかね」と切り出し、中島みゆきの「ホームにて」を流した。



 その後は、アルコ&ピースの酒井健太による“菊田健太”のラップ、宮下草薙の草薙の甘えキャラ、番組を愛聴しており、先日現役引退を発表したラグビー・畠山健介からのメッセージなどが寄せられるなど、通常運転で笑いを届けていった。エンディングでは「さみしいですけど、このラジオでもいろいろネタはありますから。しつこいくらい、古典落語になるくらい話すこともあるでしょうから。お葬式の時もいっぱい面白いことあってね、まだまだ言いたいことありますよ。まだまだ感謝伝えきれないこともいっぱいありますし、まだまだ上島さんのことを忘れずに、いろいろとうだうだとお話していこうと思いますので。しつこくしつこくしていこうと思いますので、リスナーのみなさん、飽きずにお付き合いいただけたら…」と呼びかけた。



 上島さんの妻でタレントの広川ひかるが16日、所属事務所の公式サイトに「これからもずっと竜ちゃんを忘れないでください。『芸人上島竜兵』は皆様に愛され大変幸せな人生でした。皆様の中に思い出がありましたら、どうぞたくさん笑って たくさん思い出話をしてほしいです」とのコメントを寄せた。ここ数日、関係の深い人々の言葉に触れるたび、これまで同様、これからも上島さんの思い出が語り続かれてだろうとの思いを強めた。



 ラジオの模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。



 上島さんは1961年1月20日生まれ。兵庫県出身。高校卒業後、俳優を志し上京。その後、お笑い芸人の道に進み、85年にダチョウ倶楽部を結成した。肥後克広・寺門ジモンとともにバラエティー番組で活躍し、「聞いてないよォ」(93年の流行語大賞大衆部門・銀賞)「ヤー!」「ムッシュムラムラ」などのギャグで人気を博した。



 また「絶対に押すなよ!」と言いつつも熱湯風呂に落とされるギャグのほか、帽子を回転させてかぶり直す「くるりんぱ!」、互いに怒りながら次第に近づいてキスをするギャグなど、幅広い世代に親しまれた。



■「日本いのちの電話」

ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時~午後10時)

フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時~午後9時/毎月10日・午前8時~翌日午前8時)
カテゴリ