神尾楓珠のビジュアル変化に西野七瀬が驚き「ハリー・ポッターみたい」「チャラくなった」

神尾楓珠のビジュアル変化に西野七瀬が驚き「ハリー・ポッターみたい」「チャラくなった」

 俳優の神尾楓珠、西野七瀬、小林啓一監督が16日、都内で行われた映画『恋は光』(6月17日公開)完成披露試写会イベントに登壇。神尾は映画とは全く違う姿で登場し、西野と小林監督がいじる場面があった。



【写真】鎖骨チラリ!襟付きワンピで登場した西野七瀬



 本作は、秋★枝による漫画『恋は光』(集英社ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)を、映画『ももいろそらを』『殺さない彼と死なない彼女』などの小林監督が実写化。“恋をしている女性が光を放ってキラキラして視える”という特異な体質を持つ男子大学生・西条(神尾)の初恋を描く。西条に長年思いを寄せる幼なじみ・北代(西野)は、西条から「光っていない」と言われ続けてしまうなど、“恋の光”が見えるからこそ切なくて苦しい恋愛模様が繰り広げられる。



 主演を務めた神尾は、茶色に染めた髪で丸メガネをかけて登場。映画では黒髪に四角メガネの真面目な雰囲気のため、別人のようなビジュアル変化に控室で「ハリー・ポッターみたい」といじられていたと苦笑。



 神尾自ら「ビジュアルが違いすぎてびっくりすると思う」と試写会の参加者に呼びかけると、西野も「全然違う!」と勢いよくツッコミ。さらに監督から「チャラくなった」と言われると「チャラくなったわけじゃない!」とすかさず否定していた。
カテゴリ