北川景子、「バケ、バケ~る!」と大熱演 『映画アンパンマン』公開アフレコ

北川景子、「バケ、バケ~る!」と大熱演 『映画アンパンマン』公開アフレコ

 俳優の北川景子が17日、都内のスタジオで人気アニメ『アンパンマン』の劇場映画最新作(33作目)『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル』(6月24日公開)の公開アフレコイベントに登壇。変身が苦手なオバケの男の子・ドロリン役を演じ、「男の子なのでどうなるか不安でした」という北川だったが、大勢の取材陣の前で「バケ、バケ~る!」と大熱演。「(アフレコ収録を)あと10回くらいやりたい、もっとうまくできるような気がする」と貪欲に語っていた。



【動画】北川景子、苦手なお化け屋敷に勇気をもって挑戦?



 1988年10月からテレビアニメがスタートし、翌年の89年3月には劇場版が初公開。昭和、平成、そして令和と3つの時代を通じて日本中に「愛と勇気」を届けてきたみんなのヒーロー、アンパンマン。北川は、「子ども生まれてから再び観る機会が増えて、毎日お世話になっていた」と明かし、今回のゲスト声優のオファーに「びっくりしましたが、うれしかったです」と笑顔を見せた。



 イベントには、お笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二(オバケタウンの町長役)の、おたけ(側近A役)、太田博久(側近B役)も登壇。北川の熱演を背後から見ていた斉藤は「男の子になりきっていてすごい」、太田は「憑依型というか、やんちゃな雰囲気が背後からも醸し出ていた」、おたけは「うますぎて頭が下がる」と“迷コメント”で大絶賛していた。



 今作の舞台は、どんなものにも変身できる、かわいくて愉快なオバケたちの街の楽しいお祭り“バケールカーニバル”。ばいきんまんから楽しいバケールカーニバルを守るため、アンパンマンたちが大活躍する。

カテゴリ