板垣李光人、6・11ホークス『タカガールデー』で始球式「それなりの球を投げられたら」

板垣李光人、6・11ホークス『タカガールデー』で始球式「それなりの球を投げられたら」

 福岡ソフトバンクホークスは、6月11日・12日に福岡PayPayドームで『タカガールデー2022』を開催。初日の6月11日東京ヤクルトスワローズ戦で、俳優の板垣李光人が始球式を行うと発表した。



【写真】タカガールユニを持ち笑顔の上林誠知選手&佐藤直樹選手



 2014年から開始し、今年で9回目となる『タカガールデー』。今季のタカガールユニフォームは「マーブリングカラーデザイン」で、開催両日の入場者全員に配布される(ビジター応援席は除く)。また、今年は「もっと!タカ鳴る」をコンセプトに、当日の演出や装飾をタカガール仕様に統一し、バルーンフォトスポットの設置やマーブリング模様のグルメ・グッズの展開など、より多くのファンがそれぞれの楽しみ方ができる非日常のひとときを提供する。



■板垣李光人コメント

 こうしてこのような場にお招きいただき大変光栄に思います。「野球」と申しますと小学生のころ、ルールも分からずひた走り、盗塁しまくったのはいい思い出です。そんな自分ですが、それなりの球を投げられたらと思っております。どうぞ温かい目で見守ってくださいませ。
カテゴリ