ルイ・ヴィトン×草間彌生、10年ぶりコラボレーション 水玉のレザーバッグなど先行披露

ルイ・ヴィトン×草間彌生、10年ぶりコラボレーション 水玉のレザーバッグなど先行披露

 仏ファッションブランドのルイ・ヴィトンは、世界的に知られる日本人アーティスト・草間彌生氏とのパートナーシップ第2章を実施すると発表した。大反響を呼んだ2012年以来、10年ぶりのコラボレーションとなり、23年1月より世界各国の「ルイ・ヴィトン ストア」で披露される。



【写真】草間彌生らしい水玉模様がクール!ルイ・ヴィトンとのコラボバッグ



 ルイ・ヴィトンは1854年の創業以来、世界のアーティストたちとコラボレーションを重ね、メゾンを代表するアイテムを生み出してきた。草間氏とは12年にコラボレーションし、エキシビションや多彩な製品をはじめ、草間氏をモデルにした生きているかのようなマネキンも登場するなど、大きな話題を呼んだ。



 草間氏は1929年生まれで、彫刻や絵画、インスタレーション、フィルム制作、写真、ハプニング(身体芸術)など、多彩な手法で独自の前衛的表現を追求。代表的な水玉のモチーフは世界的に知られている。



 このたび、初コラボレーションから10周年を記念し、レザーグッズの数モデルが、サンディエゴのソーク研究所で開催されたニコラ・ジェスキエール氏による『2023ウィメンズ クルーズ・ショー』で先行披露。ルイ・ヴィトンの新作モデルが、草間氏が強いこだわりを持つ水玉模様をあしらって再解釈された。
カテゴリ