メガ盛りで人気の「野郎ラーメン」が「塩とんこつ野菜炒め」を3日間限定で販売!

メガ盛りで人気の「野郎ラーメン」が「塩とんこつ野菜炒め」を3日間限定で販売!


「野郎ラーメン」が2022年4月より販売を開始し、各方面で大好評を得ているという「野菜炒め」を、さらに多くの人々に味わってもらうため「野菜炒め 塩とんこつ味」を300円(定食は500円~)で販売する。

販売期間は、5月23日(月)・24日(火)・25日(水)の3日間限定だ。

メディアにも取り上げられる「野郎ラーメン」



メガ盛りラーメンが自慢の「野郎ラーメン」は、渋谷センター街総本店を中心に一都三県および愛知に、実店舗9店舗・デリバリー店舗30店舗を展開している。


格闘家・ユーチューバー・実業家としても活躍している朝倉未来氏をはじめ、MAX鈴木氏やもえのあずき氏など、ユーチューバーも多数来店し、メディアでも話題となっている。

試行錯誤して誕生した「野菜炒め 塩とんこつ味」


同店は、コロナ禍で飲食店の売り上げが大きく下がり続けるなかで、仕入れ業者より「農家が、野菜が売れずに困っている」との話を受け、何か手伝いができないかを考え、野菜をもっと売るために「野菜炒め」にクローズアップ。

「野菜炒め」そして「野菜炒め定食」を始めたのは、そのような背景がきっかけだという。


「野郎ラーメン」だからこそ作れる特別な「野菜炒め」を完成させるために、約半年かけて試行錯誤が繰り返され、最終的に「野菜炒め」の決め味は「塩とんこつ味」と「焦がし醤油味」に決定。18時間以上炊かれている同店の豚骨スープを使った「塩とんこつ味」は、他では味わえない奥深い味わいが完成したとのこと。

野菜があまり好きではない人にも、野菜をもっとおいしく味わってもらえるよう、「野郎ラーメン」らしくアプローチしたメニューにより、ラーメンとの二大看板メニューとして「野菜炒め」をこれからも販売していくという。

廃棄食材の削減やSDGsへの取り組みも実現



「野郎ラーメン」は、麺の上に高く盛られた野菜がインパクト大だが、同店ではこの野菜に使用しているキャベツについて、出荷過程における規格外のものを、大小含め積極的に仕入れている。廃棄食材の削減、および農家・仕入れ業者を助ける取り組みを行っている。

また、ラーメンに盛られているもやしについても、同店の仕入業者である中延園食品の一切廃棄の出ない技術に加え、同店・富士山工場の富士山の伏流水を使用した工程で生産されたものを仕入れているそう。店舗納品時には毎回大ロットでの納品が行われ、包装プラスチックの削減に貢献するなど、同店は環境へのリスクをより少なくする取り組みも同時に行っている。


「野郎ラーメン」の「野菜炒め」は、環境に配慮した野菜がふんだんに使用されている。

ジャンクなイメージの強かった「野郎ラーメン」だが、この「野菜炒め」を皮切りに、これまで「野郎ラーメン」に来店しにくかった女性客をはじめとする層へも積極的に訴求し、すべての人々の心とお腹を満たすよう取り組んでいくという。

野菜たっぷりなラーメンや「野菜炒め」を味わいたいなら、「野郎ラーメン」へ行ってみては。
カテゴリ