中井貴一の達人芸、共演者は笑いをこらえるのに必死『大河への道』メイキング映像

中井貴一の達人芸、共演者は笑いをこらえるのに必死『大河への道』メイキング映像

 俳優の中井貴一が主演する映画『大河への道』(5月20日公開)のメイキング映像が解禁となった。



【動画】映画『大河への道』メイキング映像



 本作は、落語家の立川志の輔による新作落語「伊能忠敬物語―大河への道―」が原作。“大河ドラマ”の開発チームが発見してしまった、200年前の江戸時代に隠された驚きの秘密をひも解く、笑って泣けて、そして日本史の常識をもひっくり返す“歴史発見”エンタテインメント。中井のほか、松山ケンイチ、北川景子らが共演し、全キャストが〈一人二役〉を演じ、〈令和の現代劇〉と〈江戸の時代劇〉で物語を紡いでいく。



 観光課の課長・小林永美(北川)が総務課の主任・池本保治(中井)を“伊能忠敬”を題材にした大河ドラマ開発プロジェクトのリーダーに指名するシーンでは、カットがかかるやいなや、池本と部下の木下浩章(松山)に思わず吹き出してしまった北川を捉えている。



 さらに、その掛け合いは時代劇パートにおいても健在で、伊能隊の測量を支援する高橋景保(中井)と高橋の腹心の又吉(松山)、そして、伊能のかつての妻・エイ(北川)が伊能のお墓に手を合わせている場面で、中井が松山の肘に手を勢いよくぶつけてしまい、思わず素のリアクションをしてしまった二人の和気あいあいとした様子も映されており、日本史の常識をひっくり返すドラマもさることながら、中井ら出演陣が見せるユーモアも見どころであることがよくわかる。



 プライベートでも中井と親交のある松山は今回の共演について「こんなに笑わせてくれる方はいない。僕は貴一さんのリアクションや話術でずっと笑っている。その雰囲気が役柄の間柄として出ています。だから仕事をした感じがしない」と劇中でも普段の関係性がそのまま映し出されていると断言。



 一方で北川は「二人ともずっと笑っていて、子ども同士がじゃれ合っているみたいで。見ていてうらやましかった」と、中井と松山のやり取りに大笑いしてばかりだったそうだ。

カテゴリ