古谷徹、40年ぶりに劇場作品で15歳のアムロ「こんなにうれしいことはない」 さらなる作品制作を熱望

古谷徹、40年ぶりに劇場作品で15歳のアムロ「こんなにうれしいことはない」 さらなる作品制作を熱望

 声優の古谷徹、武内駿輔、古川登志夫、潘めぐみ、成田剣、廣原ふう、安彦良和監督が18日、都内で行われた『ガンダム』シリーズの最新作となる、映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(6月3日公開)の完成披露舞台あいさつ・最速上映イベントに参加した。



【動画】「ゲームとかで毎年収録してる…」誰もが知ってる!ガンダムの名セリフを振り返る古谷徹



 1979年に放送された『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」。放送以来、劇場版3部作でも描かれることがなかった異彩を放つ第15話は、今も伝説のエピソードと呼ばれている。このエピソードが、ガンダムとアムロの物語『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開から40年の時を経て、待望の映画化されたのが本作となる。



 『機動戦士ガンダム』第15話「ククルス・ドアン」次話が流れ、本作の本予告が流れた後にキャストが現れるなどファンが喜ぶスタートとなった。冒頭のあいさつでアムロ・レイ役の古谷は「『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』から40年。スクリーンに15歳のアムロが帰ってきました。『こんなにうれしいことはない』」とせりふを再現しながら笑顔を見せた。



 マ・クベの出演も発表されているが、古谷は「マ・クベは帰ってきてほしくなかった。壺だけ磨いていればいいのに」と冗談まじりにトーク。それでもなつかしいメンバーがそろったことについて「一気に43年前の『機動戦士ガンダム』のころに戻ったようです」と心境を明かしていた。



 また、本作の見どころについて「ストーリーのテーマもそうですし、それに加えてモビルスーツの戦闘シーンのかっこよさ、迫力、美しさ。あとは、アムロがカワイイ! オススメです」とにこやかにアピール。



 最後は「この『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は見終わった後に心が温かくなる、そんなステキな作品です。安彦先生の作品としては『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』という漫画がありますけど、シャアの過去編でアニメ化がされた。その続きの1年戦争の長い物語も、この『ククルス・ドアンの島』と同じようにステキなエピソードがたくさんある。ぜひ、皆さんのお力をお貸しいただいて、さらにまたアニメ化をされるようになったらうれしい。もっともっと大好きな15歳のアムロを演じたいなと思っております。よろしくお願いします」とメッセージを送っていた。

カテゴリ