武内駿輔、『ククルス・ドアンの島』にファンが「たまらない演出」 見どころを熱弁

武内駿輔、『ククルス・ドアンの島』にファンが「たまらない演出」 見どころを熱弁

 声優の古谷徹、武内駿輔、古川登志夫、潘めぐみ、成田剣、廣原ふう、安彦良和監督が18日、都内で行われた『ガンダム』シリーズの最新作となる、映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(6月3日公開)の完成披露舞台あいさつ・最速上映イベントに参加した。



【写真】名シーンがスクリーンに登場…ぶたれるアムロ・レイ



 1979年に放送された『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」。放送以来、劇場版3部作でも描かれることがなかった異彩を放つ第15話は、今も伝説のエピソードと呼ばれている。このエピソードが、ガンダムとアムロの物語『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開から40年の時を経て、待望の映画化されたのが本作となる。



 ククルス・ドアン役を務めた武内は「この作品が40年越しに、なぜ劇場版という形で戻ってきたのかが、ようやくわかっていただけると思うとワクワクした気持ちになります」と胸を踊らせた。



 また、『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」には登場しなかった、アムロ・レイの運命のライバルであるシャア・アズナブルが本作に登場することも明らかになっている。武内は「今まで、ずっと『機動戦士ガンダム』を応援してくださった方にはたまらない演出が所々にある。逆を言えば、この劇場版は『機動戦士ガンダム』がどういったものなのかを、詰め合わたのような。『このシーン見たある』といった知らない方も楽しめるんじゃないか。今までのおいしいところと、ブラッシュアップされている演出がすばらしい配分」と見どころを熱く語っていた。
カテゴリ