JO1鶴房汐恩&木全翔也“つるきま”コンビが『CanCam』初登場 ニコイチの少年コーデでわちゃわちゃ

JO1鶴房汐恩&木全翔也“つるきま”コンビが『CanCam』初登場 ニコイチの少年コーデでわちゃわちゃ

 グローバルボーイズグループ・JO1の鶴房汐恩と木全翔也が、23日発売のファッション誌『CanCam』7月号(小学館)に初登場。同誌によるJO1ユニット企画の第三弾で、“つるきま”コンビが、少年感ただようニコイチコーデを披露する。



【写真】鶴房汐恩が木全翔也を軽々おんぶ!“つるきま”仲良しショット



 鶴房と木全は、“ただの友だち”と呼ばれるほどのニコイチの存在。「同い年で友だちのような関係性のふたり」とあって、今回は“学生時代のわちゃわちゃ感”をテーマに6ページにわたって特集。衣装は、オシャレ番長の木全が主導してセレクトし、ニコイチ感&少年感あふれるコーディネートとなった。



 「学生時代の楽しかった思い出は?」と聞かれ、木全は「花壇の水やりです。うそです」とボケ、鶴房が「なんやそれ(笑)」とツッコむなど、インタビューも開始早々から笑いでいっぱい。2人の対談&ソロインタビューのほか、一問一答も掲載され、テーマである「学生時代」にちなみ、「学生時代はどんなコがタイプだった?」などの気になる質問にも答える。



 撮影中もたびたびコントのようなかけあいで現場をなごませた2人。お互いについて、鶴房が「(木全の)第一印象は静かな子で、今は変わり者」と言えば、木全は「(鶴房は)第一印象は強そうで、今はチワワかな。汐恩は体も大きいし、最初『ツカメ ~It's coming~』(JO1 デビューのきっかけであるオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』での課題曲)の練習をしながら来たから、強そうで(笑)。でもやっぱり顔はアイドル! 性格はチワワではないです」と語る。



 JO1が25日にリリースする2ndアルバム『KIZUNA』では、ラップがいきる勢いある曲が多数収録され、ラップ担当の鶴房&木全のカッコよさが堪能できる。また、『CanCam』7月号通常版は、中条あやみ、楓、宮本茉由、佐々木莉佳子の4人が表紙を飾り、特別版はStray Kidsが登場する。
カテゴリ