「096k熊本歌劇団」が芝居小屋デビュー!国指定重要文化財の八千代座で特別公演開催

「096k熊本歌劇団」が芝居小屋デビュー!国指定重要文化財の八千代座で特別公演開催


「096k熊本歌劇団」が、国指定重要文化財である熊本県山鹿市「八千代座」の舞台で、『前田慶次 かぶき旅〜肥後の虎・加藤清正〜編』の公演を5月21日(土)・22日(日)に実施する。

漫画の出版社が旗揚げした女性だけの劇団


「096k熊本歌劇団」は、漫画専門の出版社であるコアミックスが熊本を拠点に旗揚げした女性だけの劇団。ネットでのコンテンツが豊富になった現代では、ライブこそ大きな価値を生み出す。そこで、これまでにない“漫画を原作にしたライブ”をつくりたいという想いから、この常設劇団が結成された。


『北斗の拳』や『シティーハンター』などのレジェンド作品に加え、『アンサングシンデレラ』『アルテ』『終末のワルキューレ』などのメディアミックスやそれが期待されるヒット漫画作品を旺盛に生み出すコアミックスが、それらを演劇ライブにしていく。

八千代座で芝居小屋デビュー



「八千代座」は、江戸時代の歌舞伎小屋の様式を今に伝える国指定重要文化財で、有名歌舞伎役者や数々の俳優が舞台を踏んでいる芝居小屋だ。その歴史ある「八千代座」で、「096k熊本歌劇団」が『前田慶次 かぶき旅〜肥後の虎・加藤清正〜編』の舞台で芝居小屋デビューする。

5月21日(土)は16:00からの1回、5月22日(土)は11:00からと16:00からの2回公演。料金は、4名までの「SS升席」が¥28000(土産付)、2名までの「SS升席」が¥16000、自由席の「A席」が¥5000。

チケット販売は、「SS席」「A席」が電話予約と熊日プレイガイドにて。「A席」はこのほか、ローソンチケット、チケットぴあ、同劇団LINE公式アカウント(友だち登録後リッチメニューよりご購入)にて購入できる。

全国から阿蘇郡高森町に劇団員が集結



「096k熊本歌劇団」の劇団名は、熊本の市外局番「096」に歌劇団の「k」で、“時”の意味も持つ「オクロック」と読む。自分の可能性を信じて第一歩を踏み出した若者たちが、この劇団で夢の時を刻んでくれるようにと名付けられた。


現在、全国オーディションを勝ち抜いた28名の劇団員が熊本県阿蘇郡高森町に集結し、熊本市内で2021年7月からスタートした舞台の定期公演を行いつつ、本格レッスンやPR活動、地域貢献に励んでいる。“漫画を原作にしたライブ”ならではの本格アクションや殺陣、歌やダンスや演舞を披露する女性パフォーマンス集団として、熊本に愛され、全国や世界を笑顔にしていく歌劇団を目指している。

舞台『前田慶次 かぶき旅〜肥後の虎・加藤清正〜編』八千代座公演を楽しんで、歴史ある芝居小屋の雰囲気も味わってみては。来場の際は、感染症対策に協力を。

096k熊本歌劇団 HP:https://096k.jp

■八千代座
住所:熊本県山鹿市山鹿1499
カテゴリ