JO1、国際宇宙ステーション「きぼう」船外実験に参加 ジャケ写などを宇宙空間へ

JO1、国際宇宙ステーション「きぼう」船外実験に参加 ジャケ写などを宇宙空間へ

 11人組ボーイズグループ・JO1が、、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」の船外実験プロジェクト『スペースデリバリープロジェクト-RETURN TO EARTH-』の公式アンバサダーに就任することが発表された。



【画像】JO1&JAMのロゴ入り!宇宙へ打ち上げ予定の記念プレート



 JO1が25日にリリースする2ndアルバム『KIZUNA』の発売を記念し、宇宙産業サービスを展開するSpace BDの協力のもと、アルバムのジャケット写真やJO1とJAM(ファンの総称)のロゴを印刷した金属板のプレートをロケットに積み込み、ISSへ打ち上げる。このプレートを「きぼう」の船外実験スペースで宇宙空間に約6ヶ月間触れさせた後、地球に帰還させる実験を行う。JO1は宇宙空間をエンタメ化するアーティストの先駆けとして、このプロジェクトを盛り上げ、あらゆる可能性にチャレンジしていくためのアンバサダーに就任した。



 JAXAによると、ISSは地上から約400キロメートル上空を秒速約7.9キロメートル(時速約2万8000キロメートル)で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する。その船外に設置されたプレートが、6ヶ月でどのような色に変化するのかを実験。また、地上からも一定の条件がそろえば、上空にISSを確認することができるため、「流星群が見える夜空の下で、永遠に君と一緒でありたい」と願うJO1のラブソング「流星雨」を聴きながら、世界中のどこからでもこのプロジェクトを楽しむことができる。



 JO1リーダーの與那城奨は「僕たちの1stシングル『PROTOSTAR』から始まり『STARGAZER』、そして『The STAR』で僕たちが星になれたあの日から、このような貴重な機会に携われること本当にうれしく思っています」と喜び、「心の底からワクワク、ドキドキが止まらないプロジェクトになっていますのでぜひ皆さん応援よろしくお願いします!」と呼びかけている。



 打ち上げは準備期間を経て、2022年度内を予定。公式アンバサダーのJO1は、このプロジェクトを帰還まで盛り上げる。



■JO1 リーダー與那城奨コメント全文

今回、僕たちJO1がなんと!宇宙実験プロジェクトに参加することになりました!!

僕たちの1stシングル「PROTOSTAR」から始まり「STARGAZER」、そして「The STAR」で僕たちが星になれたあの日から、このような貴重な機会に携われること本当にうれしく思っています。僕たちの思い、そして、僕たちを支えてくれたJAMの思いをのせてこのプロジェクトに参加します。このような貴重な機会を頂いて本当にありがとうございます。



心の底からワクワク、ドキドキが止まらないプロジェクトになっていますのでぜひ皆さん応援よろしくお願いします!
カテゴリ