花江夏樹も『ショーシャンクの空に』のファン、劇場予告のナレーションを担当

花江夏樹も『ショーシャンクの空に』のファン、劇場予告のナレーションを担当

 今夜(20日)、日本テレビ系『金曜ロードショー』(毎週金曜 後9:00)で放送される洋画史上、最も支持される映画の一つ、『ショーシャンクの空に』。6月17日からは、色鮮やかな4Kデジタルリマスター版の劇場公開が決定している。このたび、声優の花江夏樹がナレーションを担当した劇場予告映像が到着した。



【動画】映画『ショーシャンクの空に』劇場予告(90秒、30秒、60秒)



 『金曜ロードショー』では、視聴者リクエストで選ばれ、27年ぶりに地上波テレビで放映されることになった『ショーシャンクの空に』。1994年に公開されたこの映画は、あらゆる映画ランキングでいまだに上位にランクインし、親世代から若者たちまで、幅広く、日本人の多くの心をつかんで離さない。



 スティーブン・キングの小説「刑務所のリタ・ヘイワース」を原作とし、フランク・ダラボンの長編監督デビュー作として映画化された作品。94年秋に全米で公開された際は、1600万ドルという興行成績だったものの、その後、再上映やテレビ放送などを通して人気となり、現在では多くの人々の「マイ・ベスト・ムービー」のひとつとなっている。フランク・ダラボン監督は、『ショーシャンクの空に』の後、『グリーンマイル』『ミスト』を監督したほか、『ウォーキング・デッド』の製作指揮として腕を振るっている。



 主人公は、妻とその愛人を殺した罪でショーシャンク刑務所に送られた、若き銀行の副頭取アンディ・デュフレーン。はじめは刑務所の「しきたり」に逆らい、孤立していたアンディだったが、長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッドと出会い、ふたりは心を通わせていく。20年の歳月が流れたある日、彼はえん罪を晴らす重要な証拠を見つけることになる。



 今回、海外で新たに4Kウルトラ(U)HD素材が製造されたことを機に、日本での劇場公開が決定。より美しくなった映像は、登場人物の表情や心理描写を鮮明なものにし、観客を深く物語へと引き込み、感情を揺さぶる最高の映画体験をもたらしてくれるに違いない。



 この日本での劇場公開に向けて、本作のファンだという花江のナレーションにより、あらためて『ショーシャンクの空に』の見どころがわかりやすく伝わる予告編が解禁となった。名画をスクリーンで楽しめるこの機会をお見逃しなく。

カテゴリ