JP、さんまの前で松本人志ものまね 古賀シュウと雨上がり決死隊“解散コント”も

JP、さんまの前で松本人志ものまね 古賀シュウと雨上がり決死隊“解散コント”も

 23日放送のMBSテレビ『痛快!明石家電視台』(後11:56 ※関西ローカル)では、明石家さんまと芸人をマッチングする「マッチングさんま」を実施。今回は「ものまね芸人スペシャル」として、レギュラー時間より10分拡大で行われる。アインシュタインが進行役を務め、トークの掛け合いから、明石家メンバーがさんまと相性の良い芸人を決定。大注目のものまね芸人5人が登場する中、果たして、さんまの心をつかみ、見事マッチングを成立させる芸人は誰となるのか。



【番組カット】古賀シュウは蛍原徹ものまねを披露



 1人目は芸歴18年、ダウンタウン・松本人志のものまねで大ブレイク中のJP。過去に一度、さんまと共演経験があると明かすJPは「今の僕があるのは、さんまさんとワンピースのおかげ」と打ち明ける。憧れ続けたさんまと大好きなアニメ『ONE PIECE』への熱い思いを語るとともに、研究を重ねたキャラクターのものまねを披露。そこで放ったさんまの一言に、JPは「ほんまにうれしいです」と膝から崩れ落ちる。さらに、JPは「SNS時代に埋もれない動きの追求をした」という「香取慎吾さんの動きのものまね」を披露し「首を動かしながら…」細かい動きを追求した圧巻のものまねに、さんまは「上手い!」と感動する。



 2人目は芸歴20年、幅広いジャンルのものまねレパートリーを持つ古賀シュウ。実はさんまと27年前に共演経験があると明かす古賀は、会社員時代に出演した番組エピソードを披露し、さんまも驚きの声を上げる。当時の“有名人ベッドインシリーズ”ものまねに、明石家メンバーは大笑いする。続いて古賀は、未完成だと前置きした上で、明石家メンバーの蛍原徹のものまねも披露。マッシュルームヘアのかつらをかぶった古賀のものまね一挙手一投足に、さんまは大爆笑し、中川家の2人も「めっちゃ似てるやん!」と大喝采を送る。すると、そこから古賀が大暴走し、JPとものまねコラボを繰り広げ、まさかの雨上がり決死隊が復活(?)する展開となり、解散コントを繰り広げる2人にさんまも苦笑いする。



 ピン芸人同士の芸歴14年、モリタク!と芸歴15年、河口こうへいが登場。モリタク!&河口こうへいのユニットで、ものまね番組の優勝経験もある2人は、“顔まね&声まね“のそれぞれの持ち味を生かした、ものまねメドレーを行う。ミルクボーイからはじまり、かまいたち、千鳥、笑い飯などの人気お笑いコンビのものまねをテンポよく繰り広げる。「見た目メイン」のモリタク! と「喋りメイン」の河口の漫才の応酬に、明石家メンバーはそろって「すごい!」と大絶賛する、



 4人目は、芸歴14年、細かい視点で徹底分析した喋りものまねが話題のシンディー。お笑いタレント・にしおかすみこにそっくりという理由から「猛烈なスカウトでものまね芸人になった」エピソードを披露する。シンディーは平野レミをはじめ、さんまのリクエストで「一瞬だけ似てる」大物ミュージシャンの顔まねを披露し、さんまは大笑いする。さらに「即興徹子の部屋できます」では、シンディーが扮する黒柳徹子のもとに、古賀扮する夢グループ石田社長やJP&河口が扮する南海キャンディーズなどのゲストがめまぐるしく登場し、爆笑のものまねコラボが展開される。
カテゴリ