生島ヒロシ、“ニューセブンティ”を提唱する「未来ビジョン研究所」名誉理事に就任

生島ヒロシ、“ニューセブンティ”を提唱する「未来ビジョン研究所」名誉理事に就任

 パーソナリティーの生島ヒロシ(71)が、新しい高齢化社会創りを目指す「未来ビジョン研究所」(東京・新宿区)の名誉理事に就任したことが20日、分かった。



【写真】“生島企画室”軍団が集結!



 人生100年時代を迎え、未来へのビジョンを創り出すことを願う研究所で、元博報堂の阪本節郎氏(70)が2019年4月に設立。現在の70代について、従来とは全く異なる70代になっており、いつまでも現役消費者である「ニューセブンティ」だと提唱している。



 「これまで70代といえば、“老人”“おじいさん・おばあさん”“お年寄り”が常識で、消費市場からも退場した人たちでした。ところが最近は当研究所の調査から、そうした社会常識とは全く異なる現在の70代が見えて来ました。ニューセブンティと呼んでいます」と阪本所長は説明する。



 生島と阪本所長は20年来の付き合いで、2001年に「新しい大人文化をつくり隊」の発表をともにした間柄。名誉理事に就任した生島は医学博士の石原結實氏(74)との共著で、「70代現役!『食べ方』に秘密あり」(こちらの青春新書)を出版したが、「著者のお二人とも70代で、まさにニューセブンティをリードされています」と阪本所長。



 生島は「Z世代で若者も大きく変わりつつあるように、70代も今、大きく変わろうとしています。まさにポストコロナ。現在の日本の停滞状況を打破する、新たな動きがここから始まる可能性があると思います」と熱く抱負を語っている。
カテゴリ