柄本佑、中村倫也の風呂上がり“ズルボディ”を称賛「バキバキじゃないのがいい」

柄本佑、中村倫也の風呂上がり“ズルボディ”を称賛「バキバキじゃないのがいい」

 俳優の吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子、声優の高野麻里佳らが21日、都内で行われた映画『ハケンアニメ!』(全国公開中)公開記念舞台あいさつに登壇した。



【全身ショット】アニメ監督役の吉岡里帆&中村倫也ら豪華メンバーがずらり



 直木賞作家・辻村深月による同名小説を映画化。まったく異なる業界からアニメ業界に飛び込んだ主人公の瞳(吉岡)が、新人アニメ監督として一世一代の大チャンスをつかみ、超クセ者プロデューサー・行城理(柄本)に翻ろうされながらも、“ハケン(覇権)アニメ”の称号を勝ち取るべく粉骨砕身するストーリー。



 柄本は、瞳のライバルとなる天才監督・王子千晴役を演じた中村の風呂上がりシーンに触れ、「ズルボディ」と体つきを表現。柄本は、アニメを作るために部屋に缶詰になっている中村の役柄に合う”ちょうどいい”体つきを絶賛し、「あのボディはいい。説得力がありますよね、バキバキに鍛えてたらツッコまれてしまいますしね」と解説を加えて、その良さを語った。



 対して、中村も「モテない設定なのにバキバキのやつとかいると引いちゃいますよね(笑)」と笑いながら、芝居へのこだわりも見せていた。



 なお、同イベントには吉野耕平監督、そして主題歌を担当したジェニーハイから小籔千豊、川谷絵音、新垣隆、中嶋イッキュウも登場した。
カテゴリ