トム・クルーズ、ロンドンプレミアでウィリアム王子&キャサリン妃をおもてなし

トム・クルーズ、ロンドンプレミアでウィリアム王子&キャサリン妃をおもてなし

 米俳優のトム・クルーズが現地時間19日、イギリス・ロンドンのレスター・スクエアで開催された映画『トップガン マーヴェリック』の“ロイヤル・プレミア”に来場した英王室よりウィリアム王子&キャサリン妃を“おもてなし”。ローラン・ムレ(ROLAND MOURET)のオフショルダーのドレスで登場したキャサリン妃の手をとってエスコートする姿も見られた。



【画像】映画『トップガン マーヴェリック』キャスト・スタッフが勢ぞろい



 前日はフランスで「第75回カンヌ国際映画祭」に30年ぶりに参加し、”名誉パルム・ドール”が贈られたことも大きな話題となったトム・クルーズ。この日、快晴に恵まれたロンドン、市街の中心地にあるレスター・スクエアには、「キャプテン・ピート・ミッチェル “マーヴェリック”」の文字があしらわれた戦闘機が出現した。『トップガン』のトレードマークであるサングラスやMA-1ジャケットを身にまとったファンたちも集結し、会場は久しぶりに熱気に包まれた。



 英国を代表する”ベスト・オブ・ザ・ベスト”なスペシャルゲスト、ウィリアム王子とキャサリン妃が到着すると、レッドカーペット上でトムが出迎えた。ウィリアム王子はイギリス空軍の航空救急隊パイロットを務めた経歴の持ち主とあって、広大な空の美しさと過酷さ、そこに生きる人々のドラマを描く本作への特別な思い入れがある様子。ハリウッド随一のプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーと談笑したり、オスカー女優のジェニファー・コネリーやマイルズ・テラーらキャスト&スタッフ陣も、少々緊張の面持ちも見せつつ笑顔でお二人と言葉を交わし、厳かながらとても晴れやかな雰囲気に包まれた。



 トムは「ロンドンのこの場所でプレミアを行うのは本当に久しぶりなので、とても興奮しています! イギリスではたくさんの映画を撮影してきました。今回、このキャストたちとロイヤルプレミアを開催でき、ウィリアム王子とキャサリン妃にも参加いただけてとてもうれしいです。王子は飛行士ということで私と同じ(笑)ですしね!」と、コメントしていた。



 このプレミアイベントに続き、今月24日には待ちに待ったジャパンプレミアを開催予定。トム・クルーズが約4年ぶりに来日を果たす。本作のワールドプロモーションツアーの大トリとなる日本の地で、どんなフィナーレを飾ってくれるのか!? 楽しみでしかない。
カテゴリ