市川海老蔵、634メートルの東京スカイツリー頂上部で”天空のにらみ”披露

市川海老蔵、634メートルの東京スカイツリー頂上部で”天空のにらみ”披露

 東京スカイツリータウンは、5月22日に開業10周年を迎えた。これを記念して同日、東京スカイツリータウン4階スカイアリーナで「東京スカイツリータウン 開業10周年記念祭典」が開催され、歌舞伎俳優の市川海老蔵が出席し、東京スカイツリーの頂上部で口上とにらみを披露した。



【動画】海老蔵、迫力の”にらみ”をドアップで披露 



 記念祭典では、成田屋の伝統を継ぐ海老蔵が、地上634メートルの東京スカイツリー頂上部にて口上と、成田屋に縁のある俳優のみ演じることができ、見ることで一年間無病息災で過ごせると伝わる「にらみ」を披露。「市川海老蔵天空のにらみ」と題して、その様子がスカイアリーナに設置している大型ビジョンにてライブ中継された。



 口上は、襲名披露など舞台上に俳優が居並んでお祝いのことばを述べるもので、にらみは市川團十郎と成田屋に所縁ある俳優に限って演じることができるもの。海老蔵のにらみに会場からは「おー!」と歓喜の声があがった。

カテゴリ