氷川きよし、座長公演主題歌「革命前夜」6・15緊急配信 声帯回復後「日々、奮闘」

氷川きよし、座長公演主題歌「革命前夜」6・15緊急配信 声帯回復後「日々、奮闘」

 歌手の氷川きよしが3日から東京・明治座でスタートさせる自身7度目の座長公演『氷川きよし特別公演』の主題歌「革命前夜」を、6月15日に緊急配信リリースすることが決定した。



【写真】氷川きよしが口ひげ、オスカル風ショットも



 公演は芝居とコンサートの二本立て。第一部の舞台『ケイト・シモンの舞踏会~時間旅行でボンジュール~』は、これまでの時代劇とは趣向を変え、ヨーロッパを舞台にした芝居に初挑戦。氷川が演じる、母親の看病をしながら歌手を目指す子門慧音(しもん・けいと)が18世紀フランスにタイムスリップし、激動の時代を生きる人々との交流を経て成長していく物語となっている。



 声帯ポリープの切除手術・療養を経て、4月24日に回復したことを発表した氷川は、5月上旬から舞台稽古を開始。あわせて、劇中で使用される主題歌「革命前夜」も完成した。新たな未来を切り開く強い意志が詰め込まれたメッセージソングで、舞台中の印象的なシーンで随所に使用される。



 「公演にお越しいただくお客様にもこの楽曲を共有したい」という氷川たっての意向により、CDではなく、緊急配信を決定。明治座公演とリンクするビジュアルとともに配信リリースされる。



 氷川は「現在、日々、明治座から4大都市を巡る座長公演のための稽古に奮闘しています」と近況報告。「主題歌となる『革命前夜』は今回の公演のために、いろいろな思いを詰め込んでもらいました。この楽曲を聴いて舞台への期待を膨らませていただきたいと思っています」と呼びかけている。



 YouTubeではきょう22日より稽古場動画を公開。そのBGMとして使用されている「革命前夜」を聴くことができる。



■氷川きよしコメント

いつも氷川きよしの歌を聴いてくださり本当にありがとうございます。

現在、日々、明治座から4大都市を巡る座長公演のための稽古に奮闘しています。皆様に素晴らしい舞台をお見せできるように頑張ります。

そして、主題歌となる「革命前夜」は今回の公演のために、いろいろな思いを詰め込んでもらいました。

是非、多くの皆さんに聴いていただきたいと思っていますし、この楽曲を聴いて舞台への期待を膨らませていただきたいと思っています。劇場でお待ちしております。

カテゴリ