人気商品が24時間購入できる!“焼き芋”や“ビーフン”の冷凍自動販売機が登場

人気商品が24時間購入できる!“焼き芋”や“ビーフン”の冷凍自動販売機が登場


全国に続々と設置されている冷凍自動販売機。5月には新たに「つぼ焼き芋」「ビーフン」の自動販売機が登場した。

「冷凍焼き芋」の自動販売機が伊勢崎市に登場



景勝軒は、ファーストランズと業務提携し、「冷凍焼き芋」の自動販売機事業を展開。事業の先駆けとして、プレインとファーストランズが共同運営する熟成つぼ焼き芋専門店「つぼ福」の商品を取り扱う冷凍自動販売機を群馬県伊勢崎市に設置し、5月16日(月)より販売を開始している。


「つぼ福」は、1月にオープンしたつぼ焼き芋専門のテイクアウト店。つぼ焼き芋とは、特注品の壺の中で炭を使い、じっくり時間をかけて丁寧に焼き上げた焼き芋のことで、つぼ内部は均一に温度が循環することから、中までしっとり焼け、皮まで美味しく仕上がるのが特徴だ。


同店では主に茨城県産の紅はるかを使用し、つぼ焼き職人が匠の技術で丁寧に焼き上げたつぼ焼き芋のほか、乾燥芋やカスタードブリュレといったスイーツ、さつまいもスムージーなど、さつまいもに特化した商品を販売している。


冷凍自動販売機では、冷凍つぼ焼き芋を1パック1,000円(税込)にて販売。食べ方はさまざまで、パックから取り出しお皿ごとラップにかけてあたためる定番の食べ方のほか、半解凍で食べればまるで和スイーツのような食感が楽しめる。「冷凍焼き芋」の自動販売機は、これから順次設置場所を拡大していく方針だという。

■「つぼ福」冷凍自動販売機 設置場所
住所:群馬県伊勢崎市連取町3054-6

■熟成つぼ焼き芋専門店「つぼ福」店舗情報
住所:高崎市筑縄町14‐15
営業時間:11:00~19:00
定休日:10月~4月 月曜、5月~9月 月・火曜

「冷凍ビーフン」自動販売機が福岡市にも



ケンミン食品は、ビーフンメーカー初となる冷凍ビーフン自動販売機の4台目を、福岡県福岡市博多区のケンミン食品九州支店前に設置。5月10日(火)より販売を開始している。

今回九州支店前に登場した自動販売機は、神戸市(本社前)、丹波篠山市(篠山工場前)、岡崎市(名鉄岡崎駅)につづいての設置となる。九州はビーフンの消費量が高いエリアで、特に福岡県はビーフンの売上が高い県でもあるという。コロナ禍でも利用しやすい非対面式で、24時間いつでも手軽に購入できる自動販売機を通して、ケンミン食品の冷凍ビーフンをより身近に簡単に提供する。

冷凍ビーフン自動販売機で購入できるのは、ケンミン食品の人気商品。



一つは1986年の発売以来、最もベーシックな味わいで変わらない人気の商品「焼ビーフン」2食500円(税込)。ビーフンと具材を直火釜で一緒に炒め、全ての旨味を麺に凝縮したこだわりの一品だ。


もう一つは「はるさめの炒め物」2食500円(税込)。鶏肉・野菜・錦糸卵など色鮮やかな8種類の具材を、鶏ガラベースの中華味に仕上げたケンミン食品の人気商品だ。

冷凍ビーフン自動販売機では上記2つを含む、計5種類の商品が購入可能。大好評の自動販売機を、この機会にチェックしてみて。

■「冷凍ビーフン自動販売機」設置場所
住所:福岡県福岡市博多区美野島2-3-15(ケンミン食品九州支店前)

■ケンミン食品公式サイト:https://www.kenmin.co.jp/

さまざまな食品を販売し、徐々に拡大しつつある冷凍自動販売機に、今後も注目しよう。
カテゴリ