『iCON Z』グランプリ・LIL LEAGUE、EXILEドームツアーにDREAM SPARKで出演 HIROがサプライズで発表

『iCON Z』グランプリ・LIL LEAGUE、EXILEドームツアーにDREAM SPARKで出演 HIROがサプライズで発表

 東京・日本武道館で21日に行われた、EXILE TRIBEが所属するLDH史上最大規模のオーディション『iCON Z ~Dreams For Children~』の男性部門の最終審査でグランプリに選ばれた6人組ユニット・LIL LEAGUE(リルリーグ)が、オーディション直後の会見に登場。グランプリに選ばれた率直な気持ちを明かし、これからの活動に期待を膨らませた。



【写真】爆笑のやり取りを披露したLIL LEAGUE・岡尾真虎とEXILE HIRO



 Z世代のスターを発掘するためにLDH JAPANが仕掛けた同オーディションは、男女を問わず、ボーカル、ラップ、ダンスのジャンルで才能を同時募集。昨年10月からテレビ東京で放送開始されたドキュメンタリー番組『~夢のオーディションバラエティー~ Dreamer Z』(毎週日曜 後9:00)のメインプロジェクトともなっており、総勢4万8000人がエントリーしていた。



 LDHオーディション初のグループ審査が導入され、4次審査まで勝ち抜いた「LIL LEAGUE」、「KIDMATIC」、「CROONERZ」の3組19人が武道館のステージに立つこととなった。その後、LIL LEAGUEは「Rollah Coaster」、KIDMATICは「Giant Steps」、CROONERZは「Water Baby」とそれぞれのグループに与えられたオリジナル課題曲を披露。さらに、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZらEXILE TRIBEの先輩たちとのコラボパフォーマンスも披露された。そして続くコーナーでは、19人のオーディション生が2~6人のユニットに分かれて歌唱やラップを披露。最後には19人全員がステージに上がり、圧巻のダンスパフォーマンスで魅了した。



 オーディションパートが終了すると、AKIRAとSHOKICHIが登場し最終結果の発表へ。LIL LEAGUEがグランプリとして発表されると、会場からはきょう一番の拍手が。AKIRAは「彼らの可能性が本当に楽しみ。僕たちEXILE TRIBEには様々なグループがあるんですけど、そのグループにはない、新たなカラーがあった」と語り、SHOKICHIは「LIL LEAGUEの成長力、チーム力、そして何よりも僕らにこれからのアーティスト像を想像させてくれました」とこれからの活躍に期待を寄せた。



 終了後に取材に応じたEXILE HIROはHIROは「アーティストとしてのキャラが立っていて、将来どう伸びていくのかとパフォーマンスを見るたびに楽しみになっていた」とLIL LEAGUEの印象を明かし、「キッズと大人の間にいるようなボーイズグループなので、すごくインスピレーションを受けて、アーティストとしてアイデアが浮かんだグループだった」と選考の理由を語った。



 選ばれたLIL LEAGUEは難波碧空(ナンバソラ・13)、岩城星那(イワキセナ・17)、百田隼麻(モモダハイマ・14)、山田晃大(ヤマダコウダイ・16)、岡尾真虎(オカオマトラ・14)、中村竜大(ナカムラタツヒロ・17)の6人のグループ。今夏に行われるEXILEのドームツアーのオープニングアクトにあたるDREAM SPARKに出演することがHIROの口から明かされた。



 リーダーの岩城は、あまりのサプライズに言葉を失う。HIROは「嫌だったら大丈夫だよ(笑)。無理しなくても。もしよかったら」と笑いながら和ませ、大慌ての岩城は「頑張ります! EXILEさんのドームツアーのDREAM SPARKの出させていただけるというのは、自分たちも身が引き締まる。EXILEさんのライブをより盛り上げられるように自分たちも全力を尽くしたいと思います。ありがとうございます」と誓っていた。
カテゴリ